ストレングスファインダーの使い方が分かる! 結果を転職に活かす7つの質問ワーク

翔平
翔平

こんにちは。

強み専門キャリアコンサルタントの翔平です!

この記事は、

悩む人
悩む人

ストレングスファインダーを受けたけど、これからどうしたらいいか分からない…

悩む人
悩む人

自分の強みを考えているけど全く思い浮かびません!

悩む人
悩む人

自己PRで困っています。
自信を持って話せる強みを知りたいです…。

こんな方にオススメです。

僕は「強みを知り」
人生が変わりました。

またそれがきっかけで、
強み専門キャリアコンサルタントとして活動。

これまで100名以上の強み分析を通し、
転職活動のお手伝いをしてきました。

翔平はこんな人:

名古屋の子ども向け福祉施設で働く、

27歳の指導員兼人事のひと。
 

キャリアコンサルタント・作業療法士の
W国家資格を持ち「個性を引き出す
関わり」が得意。


強み分析オタクで、2年間で100名近くの相談を受けている。

「たのしく仕事を続ける人をふやす」を
テーマに、経験したこと・学んだことを
ブログやtwitterで発信中。


ウイスキーとクラフトビールが好き。
ウイスキーはビンからラッパ飲み。

今回は、ストレングスファインダーを受けたら必ずやりたい「資質活用7step」をご紹介

ストレングスファインダーは、強み分析を
専門にしている僕が1番オススメのツール。

有料にも関わらず、全世界2700万人が
受けた超有名のツールでもありますね。

ところが、ときどきこんな話を聞きます。

モヤモヤする人
モヤモヤする人

ストレングスファインダーね、受けたことはあるけどイマイチだったな…

モヤモヤする人
モヤモヤする人

結局受けっぱなしで
なにも変わってないなぁ…

お金をわざわざ払ったのに、
これはとてももったいないですよね。

こういった方が100%当てはまるのが「正しい振り返りをしていない」こと。

僕が小中高と同じ学校で、東大に合格してった友人も言っていましたが

「テストは受けてからが本番」です。

これはストレングスファインダーも同じ。

ということで、結果を効果的にふり返る質問(ワーク)を7ステップでお伝えしますね。

翔平
翔平

僕の回答例もお伝えします。はじめてでも取り組みやすくなっていますよ!

ストレングスファインダーを効果的に使う「資質活用7ステップ」

ではさっそく7ステップを
紹介していきますね。

7ステップは全て、あなたの資質・強みを
活かすための「質問」です。

この全てに1つずつ答えてみてくださいね。

するとあなたの強みについての理解が深まり、
仕事や転職で使えるものになっていきます。

紙に書いたり、スマホのメモ帳を
使ったりして取り組んでみてください。

(*できるなら紙がオススメです!
手で書くことで、脳の情報処理能力が
高まることが研究で報告されています)

なおこの7ステップは
「ストレングスファインダーを受けた人」で
「資料の説明を一度は読んだ人」が
対象です。

もしまだテストを受験しただけで、
診断後にもらったファイル(解説)を
まだ読んでいない場合は
そちらを先に読んでくださいね!

1 :今までの生活で、どのように資質を使っていますか?

まずは1つ1つの資質をふり返ります。

あなたのTOP5の資質(または10位まで)を
どうやって使っているか考えてみてください。

下に僕の回答例を紹介しますね。

※内容は、僕の1位「個別化」2位「学習欲」を中心に書いています。

【個別化】
友人によって話題や話し方、
使う単語を変えている。

仕事でも相手によって話すタイミングは
工夫しているかな。

【学習欲】
新しい業務にはワクワク。
資格が好きで、キャリアコンサルタント、野菜ソムリエやFP、大型特殊免許など色々なテストにチャレンジしてきた。

2: 資質を「強み」として
使えていますか?「弱み」にどう対策しますか?

次は資質の「強み」と「弱み」に着目します。

どの資質も一長一短で、
良いところと悪いところがあります。

今の生活で、どのように強みと弱みが
出ているかチェックしていきましょう。

僕の例は以下のとおりです。

【個別化】
分析では1人1人の質問やケース対応を
楽しめており、サービスの質の向上に
つながっていると感じる。

ただ、ブログを「もっと個性的に!」と思うあまり更新が遅くなることも…。(弱み)

弱み使いを避けるために
「自分がやりたいように」ではなく
「読んでいる人のために」書くように
すればいい?

【学習欲】
新しい仕事に取り組む時には学習欲を
よく使っていると感じる。

ただ飽きやすく、成長を感じないと
不安になるのが弱み使い。

その結果、これまで農業・営業・リハビリ・福祉…など様々な職を転々とすることになった。

これからは仕事が「続けられること」も成長と捉えたり、飽きを感じたらその分野でまだ学んでいないことがないか
チェックしたい。

3: 周りの人で「どうして?理解できないな…」と思ったことはありますか?

次に、自分ではなく周りの人について
考えます。

どんな人も、「自分の考え方」で周りを
見ています。

例えばワーワーと元気に外で遊ぶ子を見て、

親戚の子どもを思い出したり、
自分の子供時代に思いを馳せたり、
うるさくて顔をしかめたりしますよね。

というように、自分の考えの
クセに気づくためのきっかけとして、
周りの人を見ていきます。

あなたの「理解できない人」は
どんな特徴を持っていますか???

思ったことはある。

  • 長い会議/目的の見えない会話をする人
  • 同じ話を2回以上されると苦痛
  • 考えずに質問をする人がニガテ

4 :3について、自分の資質を相手が持っていないなら、気づくことはありますか?

理解できない人をリストアップしたら、
自分の「資質」を見返してください。

周りの人にその「資質」がないとしたら、
理解できない行動を取るかもしれません。

自分の「当たり前」が相手の「当たり前」だと
は限らないことを、ここでチェックして
もらえると良いですね。

僕の例もぜひ見てください。

長い会議がニガテなのは、
3位に「活発性」があるのが原因かも。


また4位の最上志向は効率の良いことが
好きだから、目的のない会話は
イヤなのかな…。

同じ話をするのが苦痛なのは学習欲の
飽き性が原因だと思う。
相手から違う情報を知りたいから、
イライラするのかも。

考えずに質問する人がニガテなのは、
自分が考えたいタイプだからかな…!
(1番高いカテゴリーは戦略的思考力)

5: 周りの人で、すごい!と思う人はいますか?その人の力を借りられるなら、どんな強みでお返ししますか?

理解できない人の他にも、
「自分にそれはできないなぁ…」と
感じる人について考えるのもオススメです。

あなたの周りにいる「すごい人」を
思い浮かべてみてください。

そして、その人の強みを認めつつ、
「あなたがその人にしてあげられること」を
考えてみましょう。

どんな人にも「強み・弱み」があります。

そして「強みを使えること」が大切なので
あなたがあなたらしく「誰かのためになる」
方法を考えていってください。

★同僚Aさん
いつも周りの変化にすぐ気づく。
雑談もよく覚えていて、相手の事情に
配慮してあげられるのがすごい。

自分は人事・教育の仕事もしているが、人の気持ちには気づきにくいことが多いなぁ。

その人から情報をもらいつつ、自分は
「学習欲」を使って知識面でAさんを
助けたい。

★ボードゲーム友達Bくん
Bくんはいつも5時起きで副業をしてから出社して、通勤中に趣味のボードゲームで遊んでいる。毎日が充実していてすごい。

自分は同じことを続けるのがニガテだからうらやましいなぁ…!

話をすると刺激がもらえるので、今後も一緒に遊べたら嬉しい。

自分が生かせる強みは「個別化」かな。Bくんが好きそうなボードゲームがだいたい分かるので、新作や掘り出し物があれば教えてあげたい。

6 :資質を喜ばせるために、何をやってみたいと思いますか?

さてここからは実際の行動を考えます。

ストレングスファインダーの資質には、
それぞれ「向いている行動」があります。

その行動を取ると、楽しみながら
行動する、仕事をすることができるんですね。

例えば「学習欲」なら新しい知識や経験が
元気の源です。

というように、あなたが「自分の強み」を
喜ばせてあげるための行動を考えて
みてください。

なお僕のストレングスファインダー分析では
そのヒントとして「エネルギー源」を
お伝えしています。

すでにそれを読まれた方は、
それを受けて何をしてみたいか
考えてくださいね。

【学習欲】
※エネルギー源:新しい体験・本

・最近本を読んでいないので、今度名古屋駅に行く用事があったらジュンク堂に行こう
・新しい経験も少ないので、作ったことのない料理をYOUTUBEで調べて作ろう

【個別化】
※エネルギー源:エッセイ・変わった人との出会いなど
・買う本にエッセイを入れてみよう
・仕事で関わっている人の長所やおもしろい所を探してみよう

7:ここまで気づいたことは?今日から、どんなことができるでしょうか?

最後はまとめです。

ストレングスファインダーを受け、
ここまで質問に答えてきて
「気づいたこと」
「変えたいこと・できること」
を考えてみてください。

特に「変えたいこと」はどんに小さくても
良いので、1つか2つ出しましょう!

意識して生活してみると、
自分の強みが思いがけずに見つかったり
伸びていったりしますよ。

改めて書いてみると、日々の生活で
「できていないこと」を数えてしまうことが多いと思った。

最近だとブログが更新できていなくて
モヤモヤしていたが
「学んだことを届ける」という学習欲の強みを意識して楽しくやりたい!

今回は以上です。
この記事のために改めて自分も7ステップに取り組んだのですが、やってみると元気になりますね!

自分の強みについて考えるのはメンタル的にもやはり良いなぁと実感します。

なおスポーツと同じで、はじめのうちは意識しないと強みはなかなか使えません。

ただスポーツも慣れると、勝手にラケットが振れたりボールが蹴れたりしますよね。

強みも慣れると楽しく使えるようになるので、ぜひ考える時間を取ってみてくださいね!

翔平
翔平

ではまた次の記事でお会い
しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です