自分には強みがない…。そんな人に全力で伝えたい転職のための3つの逆転思考

翔平
翔平

こんにちは。

強み専門キャリアコンサルタントの翔平です!

この記事は、

悩む人
悩む人

転職を検討していますが、
自分の強みがまったく
わかりません…。

悩む人
悩む人

自信が全くなく、
仕事がうまくいきません。

こんな僕にも、
強みがあるのでしょうか?

悩む人
悩む人

面接に自信を持って
のぞみたい…。
自分の強みを知る方法を
教えてください!

こんな方にオススメです。

僕は「強みを知り」
人生が変わりました。

またそれがきっかけで、
強み専門キャリアコンサルタントとして活動。

これまで100名以上の強み分析を通し、
転職活動のお手伝いをしてきました。

翔平はこんな人:

名古屋の子ども向け福祉施設で働く、

27歳の指導員兼人事のひと。
 

キャリアコンサルタント・作業療法士の
W国家資格を持ち「個性を引き出す
関わり」が得意。


強み分析オタクで、2年間で100名近くの相談を受けている。

「たのしく仕事を続ける人をふやす」を
テーマに、経験したこと・学んだことを
ブログやtwitterで発信中。


ウイスキーとクラフトビールが好き。
ウイスキーはビンからラッパ飲み。

経験上、仕事・転職に悩む人ほど
「自分の強み」について誤解しています。

能力があるのに「自分はダメだ」と
思っている人や、
可能性があっても「あきらめようかな…」と
考えている人は少なくありません。

これはもったいない!

そこでこの記事では、
「自分の強みを知りたい!」という人に
僕が1番最初に話す「3つの考え方」を
お伝えします。

内容は、今困っている人ほど、
勇気の出る内容になっています。

  • 「強み」が全員にある理由
  • 「強みのタネ」才能の見つけ方
  • 一生モノの強みがわかる
    「勝ちパターン分析」の考え方

ぜひ、今日この3つを
覚えていってくださいね。

困っている人
困っている人

なるほど!

「強み分析」にも
ポイントがあるんですね。

翔平
翔平

そうなんです!

早速見ていきましょう。

①:仕事に自信がないなら知るべき「強みがみんなにある理由」

まず一つ目。

「強みはだれにでもある」

これを知ってください。

その証拠はこちら。

強みとは、
自分にある才能を時間をかけて磨いたもの。

メジャーでバリバリ活躍中のプロ野球選手、
大谷翔平選手がすごいのは、
「野球の才能」があって、
「それを生かす努力」をしたからです。

大谷選手が将棋やパソコンをがんばっても、
おそらく世界No.1にはなれなかったでしょう。

ただそう言うと…

困る人
困る人

いやいや、
その才能がないから
苦労してるんですよ…。

という声が聞こえてきそうです。

そう、「才能」が分からないから、
何をがんばったらいいか分からず、
仕事にも困ってしまうんですね。

これは自分が勇者なのか魔法使いなのか、
はたまたファイターなのか分からず
ドラゴンクエストをやっているような
ものです。

ピカチュウに「10万ボルト」ではなく
「かえんほうしゃ」「ふぶき」を
覚えさせようとしても、ムリですよね。

では、もし「自分の才能」が
すぐにでも分かるのならば、
どうでしょう

何をどうがんばったらいいか、
考えられる気がしませんか?

ということで、次から
強みを知る・伸ばすための
才能の話をしていきますね。

②:自信が出てくる!自分だけの才能を見つける方法とは?

ということで、才能です。

才能さえわかれば、
それに時間をかけたり、
人によっては意識を向けたりするだけで

強みはザクザク見つかります。

才能とはそもそも何?

では才能とは、ズバリなんでしょうか?

困る人
困る人

運動神経がいいとか、
頭がいいとかじゃないの?

このように考えた人は、
ちょっとおしいですね。

困る人
困る人

生まれつきできるって
やつじゃない?

そう、これです!

才能とは「生まれつきできること」。

もう少しくわしくすると、
才能とは「ふとやってしまう、
思考・行動・感情」です。

ふとやってしまう、というのがミソですね。

才能とは「考えずにできること」なのです。

例えば野球の大谷選手。

彼はバットを一振りしただけで、
球を時速191kmを超える速度で飛ばせます。

ただこの時、
「ピッチャーが球を投げたら足を上げて
腕を後ろに引いて、バットを少し横にして
その後腰を回して…」

と考えている訳ではありません。

元々できるスイングを、
ピッチャーに合わせてするだけなのです。

これが才能です。

そして、それはあなたにもあるんですね。

なぜなら、どんな人にも
「考えずにやってしまうこと」が
必ずあるから。

それが分かるプチクイズを
1つ出してみますね。

才能が見つかるプチクイズ!

まずこの絵を見てください。

部下を怒鳴りつけている上司のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

みなさんご存知、
いらすとやで「パワハラ」と
検索してみました。笑

この絵を見て、1つコメントをしてください。

それだけで、いろいろな才能のタネが
実は見つかります。

では、どうぞ!

考えてみましたか?

たとえば、こんなことを考える人が
いるはずです。

Aさん
Aさん

怒られている人、
かわいそうだなぁ…

Bさん
Bさん

何かミスしたのかなぁ…

イラストについてのコメントですね。

また、

Cさん
Cさん

そもそも、
なんでいきなりパワハラの
画像なの??

Dさん
Dさん

いらすとやの画像って
ほんとなんでもあるよね〜

など、画像を使った理由や
いらすとやについて考えた人もいるはずです。

かと思えば、

Eさん
Eさん

お腹すいたなぁ〜

とボーッとしている人もいそうですね。

「正解ってあるの?」と
答えが気になった人もいるかもしれません。

もちろんこのクイズに正解はないのですが、
お伝えしたいのは一つです。

翔平
翔平

ピンと来た方がいたら、
とても鋭いですね!

それは「考え方の違い」。

私たち人間は、
考えたり、見ていたりするポイントが
人によってちがいます。

同じ学校に通っていても、
同じ仕事をしていても、
同じ旅をしていても、
考えていることは違います。

その「ズレ」こそが、
自然とやってしまうこと
つまり才能なのです。

才能を知る2つの方法

まとめると、
才能とは「自然とできてしまう、
周りとのズレ」です。

なので、
「周りの人とどう違うの?」ということを
知るだけで才能は分かります。

困る人
困る人

でもさ、
「どう違うか」なんて
すぐには分からないよ?

そう考えられたら、
ゴールはすぐそこですね!

実は、そんな悩みを解決してくれるのが
「強み分析ツール」なのです。

何千万人という膨大なデータを分析し、
その「違い」を20〜30分で教えてくれる
ツールがこの世の中にはあるんですね。

特におすすめのツールを、
以下の記事で2つご紹介しています。

気軽に始めたい方は、
無料で受けられるVIA強みテスト。

(こちらに記事が入ります)

お金がかかってもいいから、
全力で自分を見つめ直したい!
という方はストレングスファインダーが
オススメです。

(こちらに記事が入ります。)

翔平
翔平

自分が
「自然とやれること」を
見つけていきましょう!

③:面接でも評価される自己分析の決定版!「勝ちパターン分析」の方法とは?

では、最後に「勝ちパターン分析」について
お伝えします。

強み・才能について話をしていると…

困る人
困る人

周りの人と同じような
強みしか思いつきません…

困る人
困る人

テストは受けたけど、
大してすごいとは
思えなかったなぁ…。

困る人
困る人

面接で自分をより
アピールできるような
方法があったらいいのに…

こんな声を聞きます。

周りの人と違うポイントを見つけても、
それが「ありふれたもの」だったら
強みになりませんよね。

そんな悩みを解決するのが、
「勝ちパターン分析」なんです。

勝ちパターン分析と実際の例

勝ちパターンとはカンタンに言うと、
あなただけの必殺技

それが分かれば、

  • 初めての仕事も自分のペースでできる
  • 周りの人と自分を比べて落ち込まない
  • 面接で過去の実績を魅力的にPR

などができるようになりますね。

孫悟空のかめはめ波みたいなもんです。

もしくはなかやまきんに君の「パワー」
みたいな感じですね。
(*伝わらない方には申し訳ありません)

実際に見ると分かりやすいので、
過去のクライアントYさんの例を
ご紹介します。

Yさん(北陸地方・30代男性・会社員)

「問題・マイナス点に敏感」
「一人の時間が好き」
「情報を集めるのが得意」

という3つの強みがありました。

Yさんの悩みは…

Yさん
Yさん

調べ物は好きなのですが、
仕事で評価されません…。

整理整頓もニガテなので
調べっぱなしで
終わってしまいます。

転職にも自信がなくて…

でした。

Yさんは思いつくままに調べ物を
するクセ(=才能)があり、それが逆に
マイナスに働いてしまっていたんですね。

そこで、才能の使い方を直すため
「勝ちパターン分析」をしたのです。

そこで勝ちパターンとして、

「自ら問題を見つけ、
1人で調べた情報でチームに貢献する」

とアドバイスさせていただきました。

その結果、

Yさん
Yさん

マイナスに気づくことを
強みとして使う方法が
分かりました!

過去にうまくいった体験も言葉にできたので、
これからの転職活動が
うまくいきそうです!

と感想をいただきましたね。

分かった人
分かった人

強みから、
自分の勝ちパターンが
分かるってことだね!

勝ちパターンを見つけると、
自分なりの仕事の進め方や
面接でのアピールポイントが分かりますよ。

どうやって転職で役立つ勝ちパターンが見つけられるの?

困る人
困る人

でも、
どうやって勝ちパターンを
分析すればいいんですか?

そのやり方は実にカンタン。

ズバリ、かけ算です。

10人に1人の強みでも、
3つかけ合わせるとどうなるでしょうか?

10✖️10✖️10=1000になりますよね。

つまり、1000人に1人の強みに
なるのです。

では、5つかけ合わせたら?

なんと10万人に1人の強みになるのです。

悩む人
悩む人

そんなカンタンに
いくものなの?

こう感じた方も、ご安心ください。

あなたは、まだ一度も自分の強みを
かけ算した経験がないはずです。

こんな考え方は義務教育では
教えてくれませんからね。

先ほどのYさんのケースも、
シンプルに強みをかけ合わせただけです。

あなたもぜひ、
強みの分析ツールで分かった
才能1つ1つを、
かけてみてください。

すると、一気に「あなたらしさ」が
生まれますよ。

もっと具体的に「かけ算」を知りたい!
という方は以下の記事でご説明しています。

(2022年5,6月に記事が追加されます)

こちらもあわせてチェックしてくださいね。

まとめ:強みは「知ること」で転職にもその後にも活用できる!

今回はここまでです。

  • 強みの考え方
  • 才能を知る方法
  • 才能を発揮するための勝ちパターン

について、解説をしてきました。

強みはだれにでもありますが、
使えている人はごくわずか。

逆に言えば、攻略法さえ知ってしまえば
こっちのものなのです。

当サイトではどんどんとあなたが
転職に使える「強み」について解説して
いきます。

ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。

翔平
翔平

この次は
「強み分析テスト」か
「転職の考え方」が
オススメです!

では、ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

次の記事でまたお会いしましょう!
あなたの転職の成功とより良いくらしを
応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です