営業マン必見の無料セミナーはこちら

営業マニュアルの覚え方!1時間半のトークを1週間で丸暗記した4つの方法とは?【挫折知らず】

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0009_original.jpg
ショウ

こんにちは!
営業の思考法×ブログ発信のショウ(プロフィール)です!

営業マニュアルが覚えられない「マニュアルをすぐにでも暗記しないといけない」

そんな方向けの記事です。

ここでは、僕が考えるマニュアル暗記のコツを5つご紹介します。

僕自身、営業を始めた時に1週間足らずで90分超えのマニュアルを覚えました。

これは、国立大学に現役合格した勉強法と、本で学んだ方法を組み合わせた結果実現できたんですね。

今回はその方法をお伝えしますよ。

なぜ営業のトークマニュアルが覚えられないのか?

まず、コツの前に1つ大切なことをお伝えします。

そもそも、なぜ「暗記」が苦手な人がいるのでしょうか。

それは、「覚え方」を知らないからです。

能力はあっても、引き出し方を知らなければ意味がありません。

野球を上手くなりたいのに、野球のルールを知らないようなものです。

僕が家庭教師で教えていた中2の男の子もそうでした。

ちょっとコツを教えただけで半年後には学年順位が90位→40位まで上がったんです。(勉強の時間はほぼ変わっていない)

なので、今回はしっかりと「覚え方のコツ」をご紹介していきます。

マニュアルの覚え方の6つのコツとは?他の営業マンと差をつけるポイント解説

ということで、ここから6つのコツをご紹介しますね。

  1. 細かく復習
  2. 楽しむ
  3. 80%を目指す
  4. どこでもやる
  5. シャドーイング
  6. エピソードで覚える

覚え方のコツ①:1回100分より、1分100回復習

まずは、1番大切なコツをお伝えします。

次の表を見てください。

これは教育に携わる人は誰でも知っている「エビングハウスの忘却曲線」です。

縦軸は覚えている記憶の量で、横軸は時間の経過。

曲線は「〇〇回目に覚えた記憶の忘れやすさ」を示しています。

つまり、2回目よりも3回目、3回目よりも4回目の方が復習が楽になっているのです。(矢印が短くなっていますよね

まとめると「人はくり返しで覚える」ということです。

あと1回目はハンパなく忘れます。

一夜漬けが良くない、というのは科学的に証明されているんですね。

なので、まず「忘れるのは当たり前」と考えましょう。

「なぜできないんだ」と思う人は、途中で挫折します。

「どうせ忘れるから復習しよう」と思うのが暗記で1番大切な考え方になりますね。

なので1回で100分やるよりも、1分を100回取り組むほうが覚えられます。

「細かく復習」ですね。

覚え方のコツ②:がんばらず、楽しむ

次のコツは心構えです。

というのも、真面目な人ほど陥ってしまうのが「がんばり過ぎ」なんですね。

「やらないといけない」と思うとイヤになってしまうんです。

マニュアルを覚えなきゃ、と思うからツラいんですね。

オススメは「マニュアルを覚えられたらどんな良いことがあるか」を頭の中でイメージすることです。

例えば僕のイメージは以下の通り。

成功後のイメージをしよう!

マニュアルに自信がつき、お客さんの前で堂々としている。

同期は自分のことを「あいつの暗記の速さにはかなわない」と言い、上司は「やるな、お前!」と認められる。

その結果、アドバイスをもらいやすくなって、契約に超スピードで近づく自分。

稼いだお金で、買ったカバンを持って毎日営業を回る。

想像して、ニヤニヤしましょう。

すると楽しくなってきます。

現在形(〜している)にするのがおすすめですね。

ちなみに、僕は全部実現しましたよ。笑

覚え方のコツ③:ステップ法を使う

次は受験でも使ったテクニックで、ステップ法を紹介します。(昔流行った『ビリギャル』を参考にしてます)

ステップ法とは、1⇨2⇨3⇨…と覚えずに、1⇨1,2⇨1,2,3⇨1,2,3,4と毎回スタートに戻る方法です。

なぜこれが有効かと言うと、コツの①でも説明しましたが、「復習した方が覚える」から。

  • 1番を暗記して、読む
  • 1,2番を暗記して、読む
  • 1,2,3番を暗記して、読む
  • 1,2,3,4番を…

と実行すれば、1や2はたくさん復習できますよね。
なので、覚えるのが早いのです。

なので、マニュアルはダラダラ覚えてはいけません。

最初から1文ずつ、くり返して読むことで一気に記憶に残りますよ。

覚え方のコツ④:どこでもやる

次のコツは場所について。

いつでもどこでも暗記をくり返します。

場所を変えることで脳に新しい刺激が入り、マンネリ化を防げますよ。

またくり返しになりますが、復習の回数は多いほど良いので、一日の中でなんども復習のチャンスを作りましょう。

頭の中で思い描いても良いですし、ブツブツと声に出すのも効果的です。

オススメの場所は以下のとおり。

  • バス・電車・歩きなどの移動時間
  • トイレの中
  • 食事中
  • 歯磨きの途中
  • 料理中
  • お風呂の中で
  • 布団に入って寝る前
  • エレベーター

暇さえあれば、どんどんやってください。

なお、そのためにも「マニュアルのデータ化」は必須ですね。

スマホに写真を取るなり、PDFをダウンロードするなりしておきましょう。

覚え方のコツ⑤;シャドーイング

英会話の学習をしたことがある人は、なじみがあるかもしれません。

5つ目のコツはシャドーイングです。

音声を聞いたあと、それに被せるように声を出してください。

「2秒遅れくらいで、聞こえた音を口に出す」と言うとイメージがつくでしょうか。

この方法のメリットは「トークの間」も同時に習得できることにあります。

先輩にマニュアルの録音(吹き込み)をお願いして、ぜひやってみてください。

実際にトークを営業で使う時に「あ、この人マニュアルだな」と思われずに、絶妙な間を取れるようになりますよ。

覚え方のコツ⑥:エピソード記憶を使う

最後は「エピソード記憶」の活用ですね。

人間の記憶には「手続き記憶」「意味記憶」などいくつか種類があります。

その中の「エピソード記憶」がマニュアルの暗記には有効です。

「エピソード記憶」とは「物語のような記憶」のこと。

桃太郎の話って、丸暗記してくても「川に洗濯に行って、そのあとは桃が流れてきて…」と次々に思い出せますよね。

そのように「何かと関連して覚える」と良いんですね。

例えば以下のように工夫できます。

  • 怖い上司に見てもらう⇨間違えた所は覚えやすい
  • 同期とふざけながらやる⇨ふざけた所が覚えやすい
  • 〇ページはお風呂でしかやらない⇨「あ、風呂でやった所か」と思い出せる

ずーっと、机に座ってやるより思い出すきっかけが増えそうですよね

自分から「物語」を作るのも暗記のコツの1つですよ。

マニュアル暗記だけのトークから1歩抜け出すには?

暗記のコツは以上です。

ただ、マニュアルは「覚えるため」ではなく、「営業で使うため」にありますよね。

契約の取れないマニュアルに意味はないのです。

その営業で「マニュアル」を効果的に使えるかどうかは、あなたの「考え方」にかかっているのです。

「売りたい」と思っている営業マンと、「お客さんのためになりたい」と思っている営業マン。

果たして売れそうなのはどちらでしょうか?

それは「お客さんのため」を思える営業マンですよね。

ただ、だからと言ってお客さんの言いなりになるのは違います。

ちょっと複雑ですよね。

実は、営業マンには「ビジネス的な考え方」が求められているのです。

その考え方は以下の記事で紹介しています。

「どんな考え方が営業では求められるのか?」をお伝えしているので、合わせてチェックしてみてください。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

まとめ:マニュアルはコツさえおさえれば簡単に暗記できる

マニュアルの暗記の6コツは以下の通りでした。

  1. 細かく復習
  2. 楽しむ
  3. 80%を目指す
  4. どこでもやる
  5. シャドーイング
  6. エピソードで覚える

1の「復習の必要性」は必須ですが、残りは自分に合うものから1つずつ試してみてくださいね。

また、マニュアルが頭に入ってきたら、次のステップを意識しながら取り組むと効果的ですよ。

具体的に「何を気をつければ結果が出るのか?」は以下の記事でも紹介しているので、のぞいていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です