営業マン必見の無料セミナーはこちら

営業ができないと感じた人のためだけの記事【初心者必見】

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/0020_original-e1569930971791.jpg
ショウ

こんにちは!

学習型営業マン&ブロガーのショウ(プロフィール)です!

「営業ができない」「営業が苦手」「もう辞めてしまおうか」

そんな人向けの記事です。

はじめに、多くの初心者営業マンが理解していないコトがあります。
それは「営業は特殊スキルだ」ということ。

営業は「ありのままの、初心者のままの自分」ではできません。

学校で「対面販売」を学んだ人なんていませんよね?

ちょっと工夫する必要があるんです。

が、それを知らずに失敗して「自分にはできない」「向いていないのでは」と思ってしまうんですね。

逆にいえば、営業は誰にもできます。その方法もあります。遅いってことはありません。

僕自身、何もない大学中退の23歳で営業は未経験でした。学歴も、スキルもない。

なんども失敗し、悩みました。

ですが方法を理解してからは結果を右肩上がりで伸ばすことができたんですね。

売上0からスタートして、苦労して、半年とちょっとで月に700万円、学習用のテキストを販売するまでになりました。

そしてそれは僕が「営業を学んだ」から。

あなたにもできる、その方法をここではお伝えします。

営業が”今”できないのは当たり前。実は誰にでもできる

もう一度確認ですが、「はじめから営業できる」人はいないんですね。
鉄棒の逆上がりで例えてみましょう。

営業ができない・辞めたいと感じる原因は何か?

逆上がりをやりたいけど、諦めかけている子どもがいるとします。

「逆上がりができないよ…」

あなたはどうしますか?

 

まさか「キミには向いてない」なんて言いませんよね?笑

逆上がりには、「脇をしめて」「ひじ曲げて」「足はこうやって動かす」…など色々なポイントがあります。

また「補助つきで回る」感覚をつかませてあげると一気にうまく行く子が多いそうですね。

つまり、ポイントをつかんで、感覚をつかむとうまくいきます。

そのやり方が分かってなったから「できない」と子どもは感じるのです。

実際子どものときに、最初はできなかったけど「できるようになった」人も多いのではないでしょうか。

全ての営業マンは売上0からスタートする

営業も一緒なんです。

どんな営業マンも最初は0からのスタートです。

先輩は格好つけたがる生き物なので「俺はできた」などと言うかもしれませんでも、多くの人が苦労して今の成績にたどりついているんですね。

なので営業が「今」できないのは何の問題もないんです。

ただ教えてくれる人がいなかった、それだけ。ここからでいいんです。そのポイント、感覚のつかみ方をここから紹介します。

(※注:逆上がりはセンスが良くてすぐできる子もいます。営業もそうで、勉強や恋愛経験などをうまく応用できる人もいます。特にそういう人の部下になると、しっかり教えてもらえないので苦労する傾向にあります。)

営業ができるようになる方法とは?自分でできる3STEP

では営業のポイントをおさえましょう。

ポイントは3つあって、ピラミッドのようになっています。上から順に押さえることで、確実にステップが踏めるんですね。

ポイントは上から、

  1. 思考法
  2. コミュニケーション
  3. 知識

にわかれています。

1つずつ見ていきますね。

営業ができるためのSTEP1:思考法を磨く

ピラミッドの1番上、つまり最初におさえたいのは「思考法」です。要は考え方です。

これは逆上がりでいうなら「自分にあった鉄棒を選ぶ」くらい大切です。
背の届かない鉄棒に挑戦する子はいませんね。

先に、なぜ思考法がピラミッドの1番上なのかを先に説明します。

営業で1番求められるのはなんでしょうか?「売上(=結果)」ですね。

結果は何から生まれるか?行動です。

では、行動は何から生まれるか?これが考え方=思考法なんです。

なので、これから正しく目標を立て練習し、結果を出すためにも、まず思考法を磨きましょう。

詳しい方法は成功に必須の思考法と速攻マスターのためのおすすめ方法を5分で解説!で解説しています。

営業ができるためのSTEP2:コミュニケーションを磨く

思考法が身についたら次はコミュニケーションです。行動の第一歩ですね。

なぜコミュニケーションか?
これは毎日の営業のツラさを減らすためです。

営業は、コミュニケーションの連続です。ここにニガテ意識があると、つまづきやすいんですね。

なので優先して、コミュニケーション能力を鍛えます。

ちなみに、営業におけるコミュニケーションとは「お客さんの悩みを聞き出し、解決する方法を紹介すること」が全てです。

なのでムリにあなたが話す必要はありませんよ。

経験上、コミュニケーションでは次の5つの順番でやると効率がとてもいいのでオススメです。

  • 心構え
  • 目標の設定
  • 聞く技術
  • 会話のテンプレート化(マニュアル化)
  • 練習

詳しいやり方は営業のコミュニケーションを5STEPで改善!未経験から月間700万円を売るまでの方法を全公開!でまとめていますよ。

営業ができるためのSTEP3:知識を磨く

さて、あとは日々の営業で改善をしていくだけになります。

その中で知識を蓄えていくと、どんどん成果をあげることができます。

知識にはいくつかタイプがあって

  • 練習の知識…PDCA・脳科学
  • 人に関する知識…心理学・行動経済学
  • モノ(商品・業界)に関する知識…ニュース・専門知識

などがあります。

ただ、1つ注意したいことがあります。僕の感覚では、ここで考えすぎると「思考法」「コミュニケーション」がおろそかになる人が多いですね。

例えば、「絶対に断られない心理学」「ヤバい成功法」みたいな心理学のテクニックをうのみにして、失敗すると言うわけです。

僕もお客さんに「結局何が言いたいんだ!」と怒られたことがあります。笑

つまり営業のポイントのピラミッドがスカスカになってる状態ですね。

あえて逆上がりで例えるなら、この辺は「美しい逆上がり」というか「新体操」みたいな応用編の話でしょうか。笑

なので知識についてはこのブログで適宜更新して紹介することにしています。

練習の知識はあって損しないので、営業でPDCAサイクル使って売上10倍達成!シート付きで事例解説するあたりを読むと◎ですね。

まとめ:営業は「できない」からみんなスタートするが…?

さて、どうでしょうか。

今はきっと、まだ「できる!」という感覚にはなっていないと思います。

「できるかも」と思えるのは、実は「思考法」がある程度できてからなんですよ。(僕がそうでした)

なのでここまで読んで、「いっぱいやらなきゃいけないのか…」と思ったとしても「営業の思考法」だけはまずぜひやってみて下さい。

そうすれば「あとどれくらいで出来るな」「じゃあ今月はこんだけ、今日はこれができたらOK」と思えるようになれます。

するとプライベートも楽しめるようになるし、営業生活も目標があって充実しますよ。

で、最後1個だけ。

みんな「できない」からスタートするのに、差がつく理由はなんだと思いますか?

それは「すぐやるかどうか」です。

正直な話、検索すれば知識ややり方は誰かしら教えてくれるんです。
ただ、行動は「自分で」するしかないですね。

なので知識はあっても、行動しない人はそのままです。ずっと。

あおってるワケじゃないですが、僕は営業をやめていく後輩をみて「あとちょっとやると芽が出るのになあ…」と思うことばかりです。

なので、ぜひここまで読んでくださったあなたは、ぜひ次の行動に移ってくださいね。僕はそのためにこの記事をを書いています。

オススメは考え方、コミュニケーション、知識の順で少しずつ変えていくことでした。その方法はこのブログでしっかりまとめてありますよ。

では次の記事でお会いしましょう。

できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です