営業マン必見の無料セミナーはこちら

営業で緊張するのは当たり前。克服しなくてもできる3つの対策を紹介

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/0020_original-e1569930971791.jpg
ショウ

こんにちは!

学習型営業マン&ブロガーのショウ(プロフィール)です!

  • 営業で緊張してうまく話ができない…
  • 営業までが不安で不安で…
  • このまま営業を続けられるか悩む…

そんな方向けの記事です。

そもそも、営業って緊張するのにカンペキな状況だと思いませんか?

  • 初対面の人と話す
  • 慣れない場所
  • 時間制限
  • 商品をうまく説明しないとダメ
  • 契約を取らないといけない

僕もめちゃくちゃ緊張してました。
で、「みんなどうしてるの?」って考えたんですね。

先輩営業マンに聞いたり、本を読んだりしてみました。
そうしたらだんだん良くなって、結果も売上ゼロ(笑)から100万、200万…と右肩上がりになったんです。

その経験を書いてみますね。結論としては以下のとおり。

そもそも緊張するのは当たり前(=克服しようとしない)
対処する方法は3つある
それでも不安なら準備不足

僕も毎朝起きるのがラクになりましたし、あなたのストレスも減らせるはず。では、さっそくいきましょう。

営業で緊張するのは当たり前。克服しようとするとツラい

まず最初に大切な考え方をお伝えします。

「ヒトは緊張はして当たり前」です。

僕も昔そうでしたが、多くの人は「緊張してはいけない」と思いすぎなんですね。

「緊張」って悪いイメージがありませんか?

実は、大事なときに良いパフォーマンスをするために「準備」しているだけなんです。

これは心理学的にも証明されています。
ストレスにより集中力が増し、良い結果が期待できるそうですよ。

なので、「緊張」をうまくコントロールすることを大事にしてください。

営業で緊張を和らげる3つの方法

ここからは、緊張のコントロール法を3つご紹介します。

ちなみに、コントロールといっても「緊張しないなあ、困った困った。」って人はこんな記事読まないと思うので、緊張を和らげる方法だけお伝えしますね。

緊張の対処法①:ルーティン(習慣)をつくる

僕が1番おすすめしているのはこの「ルーティン(=習慣)」です。

・ルーティンのススメ
「〇〇したら△△する」と決めると習慣がつきます。
自動でやるべきことができるのでおすすめ。 僕の訪問営業は、
・スマホで身だしなみチェック
・家の周りをみる
・スポーツ用品がないか見る(ネタ探し)
・車みる
ここでピンポン。 話題もあるし、緊張せず入れてます。(ツイートより)

イチロー選手が打席に入るときに色々な仕草をするのは有名ですよね。

あの習慣には「同じ動きをすることで、心身を準備する」効果があるんです。

営業にもぜひ取り入れて見てください。

先ほどのツイートは「ピンポン前」の1例ですが、他にも僕は色々と習慣を持っています。

  • アポのリストをもらったら契約をイメージ
  • 営業前に必ずトイレに行く
  • 自己紹介は「名前→名刺→実績→共通点」の流れ
  • トークはほぼ「マニュアル化」
  • クロージングは「このまま任せていただく方向で良かったですか?」1択

言うこと・やることが決まっていると、迷いがありません。
それに事前に練習できるので、自信を持ってやれるんですね。 

その結果緊張しないというわけです。

緊張の対処法②:メタ認知をやる

次はちょっと心理学的なテクニックですね。

メタ認知、を試してみてください。

メタ認知とは「自分の思考・行動を客観的に知ること」と言われます。カンタンにいうと「もう1人の自分」をイメージすることです。

厨二病とかじゃないですよ???真剣なはなしです。笑

緊張したら、その自分が動画に映っているイメージをします。

そして、その自分の様子をスポーツの実況のように言葉にしてみましょう。

例えばこうです。

「おっと、ここで営業スタート5分前。今まで見たこともない大きな玄関にちょっとびびっています」

「なんということでしょう!お客さんの友だちも営業を聞きたい?2人同時営業なんでやったことがないでしょう。テンパってますよ、これは。」

「さあ3連敗中の営業マンがやってきました。上司のプレッシャーもあって、かなり緊張しているようです。ここからどう動くのか?」

こうやって自分の思考・行動を言葉にすると、不思議と落ち着いてきます。

そしてそのうち、次のようになります。
「あれ、これは以前にもあったな」
「あの時はどうだったっけ?」
「大したことなかったな」

その時にはあなたの緊張はすっかり和らいでいるはずです。

緊張の対処法③:相手のことに意識を向ける

3つ目は心構えのアドバイスですね。

緊張しすぎる人は「自分の失敗」に目を向けすぎている可能性があります。

  • うまく話せるかな
  • 今日契約が取れるかな
  • どんなお客さんなんだろう

言いかえると「自分」に関心が向きすぎです。

営業はお客さんのことを知らなければできません。

お客さんの悩みを引き出し、「欲しい」という気持ちを持ってもらうことが大切です。

これまで自分ばっか見てたな‥という方はぜひ、「お客さん」について注意を向けてみてください。

ポイントとしては以下の3つがおすすめです。

  • お客さんの気になることは?
  • お客さんの不安なことは?
  • お客さんが「こうなりたい」という状態は?

お客さんのことを考えているうちに、自然と緊張はなくなってますよ。

営業で不安が強すぎるのは準備不足が理由?

以上の3つをやっていれば、緊張はある程度コントロールできるはずです。

しかし、しかしです。

それでも「不安」が消えないことがあります。

実は「不安」は緊張と違って、準備をしっかりすれば無くせるものなんですね。

そこで不安の理由と、それに対してやっておきたい準備も解説しておきます。

不安の理由①:営業でうまくいく方法を知らない

まずは「方法を知らない」場合です。

「どうすればいいのか分からないとき」って不安になりますよね?

初めてのアルバイト、新卒入社してすぐなど、不安になった経験のある方も多いと思います。

でも結局「方法が分かってから大したことなかった」ことはホントに良くありますよね。

なので、そういう方は

  • 初心者が陥りがちな失敗例
  • できる営業マンが売れる理由
  • スゴ腕マンの思考法

などなどを学ぶと不安が解消されます。
これについては営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?でカバーしてあります。参考にしてください。

不安の理由②:成功するイメージが沸いてない

次によく不安になるのが「成功」のイメージがわかない場合です。

方法はわかっても、自分ができる気がしなかったらどうでしょうか?

それ、結局意味がないんですね。方法は「自分ができる気がする」レベルまで落とす必要があります。

イメージは「年月単位の大きな目標と、毎日の小さなゴール」ですね。

このブログでは、その基本となる考え方を成功に必須の思考法と速攻マスターのためのおすすめ方法を5分で解説!で解説しています。

これを身につけると、イメージできる目標を立てて普段の営業に取り組めますよ。

不安の理由③:コミュニケーションがニガテ

最後の3つ目、意外と多いと思うのが「コミュニケーションそのもの」がニガテで不安になるパターンです。

僕もこれはけっこうありました。

初対面だし、仕事のプレッシャーはあるし、場所は毎回変わるしで、でコミュニケーションがニガテだと不安になりやすいんですね。

そんな人には以下の対策をおすすめしています。

  • 思考法を鍛える
  • 営業の段階ごとの目標設定
  • 聞く技術のトレーニング
  • 話すことのテンプレート化
  • くり返し練習

コミュニケーションも緊張と同じで「うまくやる必要」はないんですね。

営業の目的を理解して、それに応じた会話を作れば良いのです。

その概要は営業のコミュニケーションを5STEPで改善!未経験から月間700万円を売るまでの方法を全公開!で詳しく書いてます。

要はコミュニケーションも、習慣にするってことですね。

これだけでかなり不安が減って、ストレスの少ない営業生活ができるはずですよ。

僕は休みの日に気持ちよく遊んで、ゆっくり寝られるようになりました。笑

まとめ:緊張はほどほどに。克服しなくていい

緊張はお酒と一緒だと僕は思います。

うまく付き合えば、ストレスなくやっていけるし、むしろ良いことも多いんですね。

そのためには「ストレス」を理解し、適切に自分をコントロールすることが必要です。

また、その根本に「不安」がある場合はこちらを優先してつぶしましょう。

ぜひ緊張にうまく対処して、「営業に行きたくない」「不安だ」という状況から抜け出しちゃってくださいね。

できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です