営業マン必見の無料セミナーはこちら

営業のモチベーションを維持・アップに欠かせないチェックポイント5つ【改善策つき】

Pocket

「営業のモチベーションを維持したい、アップしたいけど、できる営業マンは何をしてるんだろう?」

という疑問に答えます。

僕自身もモチベーションの維持は実際苦しんできて、始まりは中学校のテスト勉強からだと思います。笑

大学受験、英語学習、インターン、営業…あらゆる所でその方法を研究してきました。

この記事はそのまとめですね。

僕は実際に大学受験は国立大学に一発合格してますし(中退しましたが)、英語も日常会話ならできます。

営業も半年で月700万円売れる(学習教材)結果が出たので一定の効果はあるかなと。

具体的には、次の5つの方法でモチベーションをアップ・維持していきます。

  1. 目標をとにかく持つ
  2. できる!と思える目標を立てる
  3. 時間を作る
  4. 環境を整える
  5. 行動に移す

では早速見ていきましょう。

営業のモチベーションアップ①目標はあるか

僕の人生でモチベーションの無かった時期に必ず無かったのは「目標」ですね。

逆を言うと、目標のあった時期はいつも行動ができてました。

営業でいうと、僕は最初「契約」だけを目指して研修・練習に励んでいたんです。

しかし、それだけだとツラいことが連続するとすぐに萎えちゃうんですよ。僕大声で怒られるのが嫌いなのですが、上司は声の大きい人だったんでまあツラかった。

そんなこんなで、始めて1ヶ月ちょいで挫折をしかけました。

まあこれじゃいかんなと思い(というか先輩に喝をいただき)その後しっかりと目標を立てて、行動を決めたので結果が出たんです。

ほら、夜寝る前にだらだらスマホ触っちゃうじゃないですか。

あれって次の日やることが決まってない日に限ってそうなるんですよ。土曜日の夜とか。目標がないから、やることが決まらない。

目標を立ててからは「今日これをやろう」というのがはっきりしたので、毎日やる気を感じることができました。

今思うと、大学受験もそうでしたね。高校2年まではぼーっとしてる地味系ゲームオタクやってました。

死ぬほど戦国ゲーム(戦国ixaというソシャゲです)にのめりこみ…。勉強のモチベーションなんてなかったんです。

けどさすがに、3年生が見えてくると将来のことも色々と考えますよね。

「1人暮らししながら楽しく大学生やりたいなぁ」「いい大学行けば稼げるんかな」「親も納得してお金出してくれる所いこう」「遠くてのどかな所がいいな」

で北海道大学という、地元から遠くて敷地がやたら広い大学を選びました。

けど割と勉強した方がいいなということが判明。「やらんといかんな」と。

そこから僕は目標が決まったので、ゲームのアカウントを消して勉強スタートさせた、というわけですね。毎日、広大な大地を妄想しながら勉強しました。

まあ要は目標ありきです。

営業のモチベーションアップ②正しい目標か(やれる気がするか?)

2つめに大切なのは目標をやれると思うか、です。

いくら目標があっても、やれると思わなければモチベーションは上がりません。

僕は小学生のころ、「プロ野球選手になりたいなあ」と言ってたのに地元のソフトボールチームで遊んでました。

「プロ野球選手にはなれない」のが分かってたんですよ。体力テストEだったから。モチベーションないですね。やれないと思う目標に意味はないんです。

目標は実現可能だと思える必要があります。

じゃあどうやって実現可能だと思えるようになるか?

それは方法と自分の現在地を知ると分かります。

例え話を1つ。「野球でヒットを打ちたいなあ」と思ったとしますよね。

方法をコーチに聞くとする。

コーチ

「正しいバッティングフォーム」「素振り」「実践練習」だね

そしたら現在地ですね。

「うーん、フォームが悪いかな」「素振りが足りないかなあ」「バッティングセンター行けばいいのか」

↓こうして行動まで持っていくのが大切です。

正しく考えて、方法を知り、行動にするわけです。

営業も同じですね。

実は僕、営業始めたての頃は「できる」と思えなかったんです。

学習教材の営業ですが、1冊で1万くらいするんですよ。売れる気がしなかった。

「トップとれよ!」と先輩にハッパをかけられましたが、「は、はい!(うーん、ムリだなあ)」みたいな…。

やれると思わなかったので、練習も何もしてませんでした。

後に先輩に喝を入れられて勉強しだすのですが、その話はまた別でします。

要は「方法」を知ってから目標を立てれば、モチベーションを上げられるということです。

営業における方法は営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】でがっつり書いてますので、参考にしてください。

営業のモチベーションアップ③時間はあるか

目標があるのに、モチベーションが下がる原因は?

案外見落としがちですが、これは「時間」です。

目標を立てても、時間がないと何もできません。

モチベーションを維持するのに「取り組む時間」と「休む時間」は必ず必要です。

何かをするには、何かを諦めないといけないんです。

みんな中途半端な人は、みんな結果出ません。例に漏れず、僕もそうでした。

営業をやっていた時、実はブログやイベントも一緒にやろうとしてたんですね。笑

ほんと当時は何もできなかったです…。あることが片付いても、次が気になっちゃうんです。

で、ああ忙しい…と思うだけでモチベーションは上がりません。

1つ格言をどうぞ。

何をするにも時間は見つからないだろう。
時間が欲しければ自分で作ることだ。

(チャールズ・バクストン 作家・政治家)

「選択と集中をしたか?」僕は常に自分に問いかけています。

何かを始めるときは、1つだけ。
何かを始めるときは、なにかやめる。
何かを続けるには、何も始めない。

これが僕の結果を出すためのこだわりです。

営業のモチベーションアップ④環境を整えたか

目標もある。時間もある。

なんかクリアできそうな予感がしてきましたよね???

でも、あと2つ壁があります。

モチベーションの「維持」で大切なもの、それは環境です。

案外、普段の生活で考えることって少ないんですよ。無意識のうちにいろんな人やモノに影響されて僕たちは生きてます。

僕だと、実家に帰るとお菓子がいっぱいあって、ついつい食べて太っちゃうんです。けど自分のアパートに戻るとお菓子なんてないからすぐ痩せるんです。

ないお菓子は食べられないですからね。笑

というので環境を整備すると、意外とカンタンにモチベーションは上がります(結果もでます)。

その環境は4つに分解できて、「ヒト・モノ・金・情報」です。

経験上、実行段階ではこれを整理することがモチベーション維持の全てですね。

  • ヒト…付き合う人はいい影響を与えてくれるか?
  • モノ…不要な誘惑はないか?適切な投資(本・食事)をしているか?
  • 金…必要最低限の収入はあるか?支出が収入を上回ってないか?
  • 情報…必要な情報を集めたか?


1つ1つ見ていくと、意外とできていないことが多いです。ちなみに僕が営業でモチベーションが続いたときはこうなってました。

  • ヒト…先輩・がんばっている同期とよく話すようにする。高校の同級生とは遊ぶのは少なめに
  • モノ…ゲームは実家へ。プロテインと納豆、野菜は確保。
  • 金…遊ばない。携帯は安いものをフリーSIMで。月の食費も管理
  • 情報…読書・先輩のアドバイス

例えばスマホだけでもこれくらいの環境整備ができます。

例えばホーム画面のアプリ、僕は9個に絞ってます。

  • グーグルマップ
  • アラーム
  • 電話
  • 音楽
  • 家計簿
  • このブログへのショートカット
  • Kindle
  • カメラ
  • 電卓

これ、本当に必要なときにパッと開きたいアプリだけを集めています。

逆にTwitterとかLINEとかは見る時間を決めてますね。

何でも工夫できます。

ただ、「ヒト」「モノ」…など全部自分で整理するって大変そうですよね。

しかも変な環境を選んじゃったらどうしようもないです。

なので、僕のブログはそれを1個ずつ整理できるように工夫しています。

中でも特に「ヒト」と「情報」は僕のブログとtwitterを見ていただくとバッチリですね。

情報社会の今、ネットで接する人や情報を選べますね。

このブログでは様々な観点から(感情・目標設定・コミュニケーション…)あなたの挫折を予防し、結果をだすための情報を提供しています。

参考営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

また、僕だけでは観点が偏るので、他のおすすめの人も取り上げています。きっと視野を広げることもできますよ。

オススメの人の例)起業家の加藤将太さん

例)起業家の加藤将太さん(出演動画の紹介とおすすめ学習法

また、twitterをフォローしていただければ、日々営業の思考法やブログの更新情報をお届けします。(ショウのtwitter)

残りの「モノ」「お金」についても随時コントロールできる情報を記事として紹介するので楽しみにしていてください。モノは断捨離、お金は固定費の削減あたりがコツですね。

営業のモチベーションアップ⑤行動を起こしているか

さて、モチベーション維持の最後は「行動」です。

目標があって、環境も整っていれば勝負を決めるのは行動なんですね。

行動の量でその人の魅力も決まる、と僕は思っています。

仕事ですごい成果を出していたり、趣味が充実していたり、おいしいお店をいっぱい知っていたり…。

そんな人ってやっぱり素敵じゃないですか。なので行動しましょう。

けど、なんか行動するのってエネルギーがいるイメージ、ないですか?

これ実は、行動に関する大きな誤解です。

行動を起こす人には、実はあるパターン(=順序)を持ってます。

今行動力がないな、と思う人はその真似をするといいですね。不安が減り、モチベーションが維持できて行動量がアップします。

実はこれ、すでに説明済み。最初に出したこの図、覚えてますか?

正しく考えて、方法を知り、行動にするわけです。

考えないから方法がわからない。方法が分からないから行動できない。

そういうことです。

よっしゃ!じゃあ考え方を少し良くしたい!という方は営業に必須の考え方「ビジネスマインド」の身につけ方を徹底解説!【結果が出せる】を見てください。

まず方法をちょっと覗いてみようかな、という方は営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?から見てもらうといいかなと。

まとめ:モチベーションは意識すれ維持・アップできる

この記事を通して、モチベーションはコントロールできることが伝えられたかな、と思います。

今まで、もしあなたが「モチベーションが続かない自分はダメだ…」と思っていたら、それは今日でおしまいです。

モチベーションは、正しい方法によって管理できます。

それをたまたまあなたが知らなかっただけなので、今からコントロールしていきましょう。

ぜひ1つずつ、今回の方法をためしてみてくださいね。

営業のコミュニケーションを5STEPで改善!未経験から月間700万円を売るまでの方法を全公開!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です