営業マン必見の無料セミナーはこちら

営業成績・ノルマを気にせず過ごす!ダメ営業マンだった僕が辞めた3つのこと

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/0020_original-e1569930971791.jpg
ショウ

こんにちは!

営業の思考法×ブログ発信のショウ(プロフィール)です!

営業成績を上げたい…
今月のノルマがやばい…

そんな人向けの記事です。

実は記事を書いている僕自身、もともと成績が気になってしょうがない営業マンでした。

売上は0だった時期もあります。どうやったら成績が上がるかずっと、ずっと悩んでたんです。

そんな僕は、ある時期からノルマが気にならなくなりました。もちろん良い意味で、です。心配をしなくて良くなった。

一体、僕は何を変えたのか?それを紹介していきます。

この記事を読むとこうなります。

  • 営業成績が出ない理由が分かる
  • ノルマが自然と達成できる人の思考が分かる
  • 自分のやるべきことがわかる

長く営業生活を続けたり、キャリアアップ目指したりするのは必須なことなので、1つずつ見ていきましょう!

営業成績アップのために僕が「やめた」3つのこととは?

僕は実際に、あることをやめたことが1つのきっかけとなり、売上0から月700万円まで学習用テキスト営業の成績を伸ばすことができました。

具体的には、以下の3つをやめたんですね。

  • 考えないで努力すること
  • 反射的な話し方
  • 自分を甘やかす言い訳

詳しく見ていきましょう。

やめたこと①:何も考えずに努力すること

まず僕がやめたのが「考えず努力すること」です。
売上0の時でも、営業マンとして僕はがんばっていると言う「プライド」がありました。

トーク練習は毎日やってましたし、ちなみに、考えて努力してもすぐに結果は出ません。

「努力する⇨結果が出る」と思う人が多いですが、これは間違いです。

「努力する⇨結果を出せる自分になる⇨結果が自然と出る」なんです。

努力をした結果、自分が変わることが何より大切です。なので常に「これは自分のレベルアップに関係しているか?」を自分に問いかけるようにしてください。

やめたこと②:自分の言いたいことを口に出すこと

次にやめたのは「反射的にしゃべること」です。

それまでの僕は「言いたいこと」をどうしても言う癖がありました。お客さんの前でも、上司の前でもそうです。

「このお客さん、商品のことを誤解しているな」とか

「上司は全員の評価を正しくしていないのでは」とかですね。

でも、これって営業マンなら誰もが思うこと。僕は「思ったことをそのまま口に出す」ことが問題だったのです。

なので誰かの意見を聞いたあとは、必ずひと呼吸大きくおいてから話すことを徹底しました。

この結果、お客さんに対しては…

「そうなんですね。どうしてそう思われますか?」「なるほど、もしかして以前ご失敗された経験などおありですか?」

と冷静に質問で返せるようになりました。

上司にも同じです。

「おっしゃる通りですね。研修時間をもう少し確保してから営業に臨みます」

など、関係を崩さない反応ができるようになったんです。

余計な1言を言わず、相手を思いやった言葉が出せると、反応は大きく変わってきます。

これ、言葉だけ聞くと「カンタンじゃん」って思いがちなんですが、現場ではなかなかできないです。

頭でわかっていても、疲れなどで集中できていないと…?

つい、自分の言いたいことを言ってしまうことがあるんですね。

なので、常に「ひと呼吸」おくこと。

その意識だけであなたのトークは大きく変わりますよ。

やめたこと③:言い訳をするのをやめた

最後は「言い訳しない」ことの徹底です。

なんでもそうですが、言い訳をする(=他の何かのせいにする)人は成長しないですね。

営業って、言い訳の誘惑がめちゃくちゃあります。過去の僕の言い訳集をどうぞ。

  • 商品が高い
  • 商品のクオリティが低い
  • お客さんの理解力がない
  • お客さんの質が悪い
  • お客さんの予算オーバー
  • キーパーソン不在だった
  • 疲れた
  • 眠い


まだまだ出せますが、このくらいにしておきます。笑

で、こんなに言い訳があるので、それに甘えてたら本当の「保留」(=契約にならない)の理由ってわからないですよね。

なので僕は「まず全部自分のせい」にするように努力しました。

その後「自分じゃどうにもならないこと」を除いて、改善するようにしたんですね。

「1日1改善」を合言葉に行動したら、毎日続けられますよ。

自然とノルマを達成する人の思考法とは?

さてここまで「やめたこと」を見てきました。

では、逆に始めたことは何だったか?

ズバリ、それは「論理的思考」

上司・先輩や本から色々と学びましたが、1番の衝撃は「考え方」だったんです。

自分はビジネスをしているんだ、という意識を持ち、数字をベースに考えるようになったんですね。

昔の僕:「なんか上手くいかないな」

今の僕:「〇〇だから契約率が他の人より10%も悪いのかな」

なんか、数字で考えると悩みが減りそうじゃないですか?

実際やってみると効果的ですよ。

ただ、論理的…というと難しい感じがしますよね。

実はこれはシンプルな身につけ方があります。

学歴や経験に関わらず、カンタンにできるようにまとめてあるので、できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】を参考にどうぞ。

考え方が1段レベルアップすると、将来部下を持ったときにも重宝しますよ。

成績アップ・ノルマのクリアに絶対に欠かせないこと

さて、最後に1つだけ。

成績をアップしたり、ノルマをタッセルするのに絶対に、絶対に欠かせないことをお伝えします。

それは、「行動」です。

大事なのでもう一度いいます。

「行動」は絶位に欠かせません。

僕の会社でもそうですが、良い頭を持っていたり、契約が取れそうな雰囲気があったりしても、諦めてしまう子がいるんですね。

その全員に共通するのが「行動不足」。

ポテンシャルや才能、センスなんていいますが、ぶっちゃけ行動で全て埋められます。

もちろんかかる時間は人によって違いますよ。

ただ、「最低限必要な時間」は誰にでもあります。

そこでサボると、どんなに光るものがあっても「原石」のままなんですね。

なので、ぜひ行動してください。今が、あなたの人生で「1番若い瞬間」です。
遅いことはありませんよ。

1つずつ進んでいきましょう。

まとめ:営業成績は自分の行動を変えればうまくいく

今回のポイントは以下のとおり。

  • 考えて努力する
  • 必ずひと呼吸おいて話す
  • 自分にできることを考える

以上を意識して行動すれば、結果は必ずついてきます。

人気の考え方・方法の記事も合わせて読んで、明日の自分を大きく出る成長させてあげてくださいね。

考え方:できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】
結果を出す方法:営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です