営業マン必見の無料動画はここから

営業はメンタル弱くても大丈夫!トップ営業マンの


ショウ
ショウ

こんにちは!

営業の思考法×ブログ発信のショウ(プロフィール)です!

「営業ってつらい…。メンタルが弱い自分を変えたいけど、何かいい方法はないかな」
「なんでできる営業マンはあんなにメンタル強いんだろう…」

そんな方向けです。

僕自身、契約が取れずにメンタルがボロボロになった経験があります。

怒りのあまりスマホを地面に叩きつけて壊してしまったり、売上が上がらず、生活が不安で眠れなかったりしたこともありました。

ただ、「このままじゃダメだ」と…。

そこで、トップ営業マンを観察し、本を読み、工夫を重ねてきました。

その中で、「なぜメンタルが重要なのか」「どうしたらメンタルを改善できるか」を整理する事ができたんですね。

その結果、売上0(=事務所最下位)のダメ営業マンから月700万円売り上げて、事務所最下位からナンバー2にランクアップ。

結論として、メンタルは、営業結果を大きく左右します。

そこで、この記事の内容は以下の事をお伝えしますね。

  • 営業でメンタルが弱いとうまく行かない理由
  • メンタルが弱い営業の共通点
  • メンタルを強い営業の共通点
  • メンタルを強くするコツ

メンタルが弱いデメリット:結果が出ない3つの理由

そもそもですが、メンタルが弱いと営業で結果が出にくくなります。

その理由は次の3つです。

  • 失敗を恐れ、行動量が少ない
  • 成長した自分をイメージ出来ず、不安になる
  • PDCAを回すのが苦手

1つずつ、トップ営業と比較しながら解説しますね。

①:行動量が少ない

まず、メンタルが弱い人は行動量が少ないのが問題です。

失敗を恐れるあまり、行動量が少なくなってしまうのですね。

行動量が少ないと、出せる結果も出せなくなってしまいます。

下の図を見てください。

売れる営業と、売れない営業の行動量を比べました。

売れる営業マンの方が、売れない営業マンより行動量も、失敗量も多いのが分かるでしょうか。

実は、どんなトップ営業も毎日失敗をしています。

しかし、行動量が多いので、成功する数も多いのです。

一方、メンタルが弱い営業マンは、失敗が少なくなるよう、行動をどんどん減らしてしまいます。

そして、売上が上がらず、どんどん営業がいやになってしまうのです。

例えば、僕の後輩のMくんがその典型で、彼は2ヶ月ほどで営業をやめてしまいました。

その理由がまさに「行動量の少なさ」です。

Mくんはおだやかな性格で人当たりもよかったのですが、消極的な所が弱点でした。

先輩や上司にアピールせず、営業力を高める努力があまりなかったのです。

その結果、上司から期待されず、なかなかアポイントがもらえません。

しかし本人は「アポがないし、なかなか売れない。どんどん自信がなくなります。」と原因がわかっていないようでした。

そして「自分には営業は難しいです」と落ち込んでしまい、会社を去っていたのですね…。

ショウ
ショウ

もっと行動すれば良いのに…

そう思ってはいましたが、結局最後まで彼が変わることはありませんでした。

やる前から勝負がついてしまう、これがメンタルが弱い人の1つ目の問題です。

参考:行動力の高め方は、以下の記事でご紹介しています。
営業の行き詰まりは「行動力」で突破する【行動量を増やす3つのコツ】

営業の行き詰まりは「行動力」で突破する【行動量を増やす3つのコツ】

②:営業中に不安になる

2つ目の問題は「不安」です。

メンタルの良し悪しは、顔に表れます。

僕がこれまで会ってきた、何十人のトップ営業・スゴ腕経営者たちに、表情の冴えない人は一人もいません。

なぜなら、「できる」という自信があるからです。

逆に、会社をすぐにやめてしまった営業の後輩や、駅前で誰も捕まえることの出来ていない営業の方の顔色は、常に暗いんですね…。

それは、「どうせ出来ない」と自分で思ってしまうから。

自分の成功がイメージできないと、顔色まで悪くなります。

頼りない営業マンから、商品を買いたいというお客さんはいませんよね

結果、さらに契約が遠のくのです。

これが2つ目です。

参考:営業で緊張するのは当たり前。克服しなくてもできる3つの対策を紹介

③:PDCAを回すのが苦手

そして、メンタルが弱い人は「改善」が苦手です。

トップ営業と、メンタルの弱い営業の考え方は、以下のような違いがあります。

  • トップ営業:未来志向
  • メンタル弱い営業:過去志向

トップ営業は、常に「未来」を見ています。

「何を変えれば、上手くいくか?」

この問いが、毎日の営業の改善に繋がるのですね。

話し方、服装、髪型、資料、アポイントの取り方、提案内容…。

営業は、他の仕事に比べて自分で変えられることが非常に多いです。

1つ1つの改善を積み上げることで、大きな結果に繋がります。

だから、トップ営業は結果が出続ける。

そして、彼・彼女たちはさらに自信を深め、メンタルはさらに強くなっていくのですね。

その一方、メンタルが弱い人は、「過去」ばかり見ています。

「なぜうまくいかないのだろう?自分には向いていないのでは?」

このような質問で、原因だけを追求する傾向が強いです。

つまり、改善に結び付けられないのですね。

なので結果が出ず、さらに自信を失ってしまいます。

参考:営業がうまくいかない・売れない人はなぜ「がんばり過ぎる」のか?【選択と集中の話】

メンタルが強い人の共通点・特徴とは?

では、メンタルが強い人はどのような点に気をつけているのでしょうか。

それは以下の3つです。

  1. 断られて当然だと思っている
  2. 常に努力している
  3. 自分なりのストレス発散法を知っている
ショウ
ショウ

それぞれ見ていきましょう!

①:断られて当然だと思っている

まず、メンタルが強い営業マンは「営業は断られて当然だ」と思っています。

なので、どんなに失敗しても落ち込みません。

僕が以前お世話になったレジェンド営業のSさんも、「いやー、あの一言はマズかったなあ、失敗だ」など事務所で毎日つぶやいていました。

しかし、Sさんは失敗したことで全く落ち込むことがないのです。

「次からは使うデータ変えようかな」など、どんどんと次の行動を考えているのが印象的でした。

②:常に努力している

また、常に努力している営業マンは、自然とメンタルが強くなります。

というのも「これだけやったのだから、できるはずだ」と自信を持つことができるからです。

僕も新人時代は、不安な様子をお客さんに見せてしまうことがありました。

当時は全く売れなかったですね…。

しかし、覚悟を決めて練習に取り組むようになってから、一気に自信がつき、余裕が出るようになったのです。

「これだけやって断られたら、しょうがない。」

そう思えるまで努力したのです。

その結果、売上がほぼ0から、1ヶ月あたり700万円までアップしました。

ショウ
ショウ

行動は自身に繋がりますね!

なので、「行動を続けられる」というのもメンタルが強い人の特徴と言えます。

③:自分なりのストレス発散法を知っている

また、メンタルが強い人は、ストレスをコントロールできる人です。

たまに「メンタルが強い人って、ストレスがないんじゃないですか?」とたまに勘違いをしている人がいます。

しかし、実際はどんな人も必ずストレスは感じるのです。

ただ、メンタルが強い人は、そのストレスをコントロールできます。

なので全く「ストレスが無い」ないように見えるのですね。

僕が出会ってきた営業マンも…

  • 趣味に打ち込む
  • お気に入りの場所に行く
  • 家族・恋人と出かける
  • お酒を飲む

など、みなさんそれぞれですが、ストレス解消法を持っていましたね。

メンタルを強くする方法・コツとは?

では最後に、メンタルを強くする方法をお伝えします。

メンタルは意識して取り組むことで、改善することが可能です。

営業で結果を出すためにも、ぜひ何か行動してみてください。

僕が取り組んで特に効果があったのは以下の3つです。

  • 悩みを書き出す
  • 自分にできることだけをやる
  • 自分以外に目を向ける

それぞれ解説しますね。

①:悩みを書き出す

1つ目は悩みを書き出すことです。

実は、僕たちは普段考えているようで、同じ悩みをグルグル考えてしまう傾向があります。

例えば以下のとおり。

「自信が無いなあ…。また契約が取れないんじゃないか。上司にも怒られるし…。ああ、契約取れる気がしないなあ…」

同じことを何度考えても、落ち込むだけですよね。

まずはその無限ループを止めましょう。

ノートやA4の紙を用意して、思いのままに悩みを書いてみて下さい。

原因がはっきりすれば、スッキリするのはもちろん、次のアクションが起こしやすくなります。

例えば、過去の僕の悩みはこのような感じでした。

  • ノルマが達成できない
  • 給料が安い・長時間労働がつらい
  • やる気が上がらない

さらに、「ノルマが達成できない」悩みを深掘りします。

  • 上司に怒られるのでイヤだ
  • 給料が下がると生活できない
  • 同期や後輩を見返したい

すると、「このままじゃいけないな」と思えますよね。

実際、これを続けて僕は自分を励まし続けてきました。

今でも、ノートをほぼ毎日書きますが、本当に気分がスッキリするのでおすすめですよ。

②:自分にできることだけをやる

2つ目のポイントは「自分にできることだけをやる」こと。

なぜなら、多くの悩み・トラブルは「自分にできる範囲」を超えると、発生するからです。

例えば、先ほどの「ノルマが達成できないと、上司に怒られる」という悩み。

実は、これには2人の「できる範囲」が混ざっているのです。

以下は、理想の状態をあらわしています。

  • 営業職の範囲…ノルマを達成すべく努力する
  • 上司の範囲…ノルマ設定・部下の指導

売上を上げ、ノルマを達成するのは、僕たち営業の仕事です。

しかし、「ノルマそのもの」はあなたが決められることではありませんよね。

上司が決めることです。

なので、「ノルマが高いかどうか」に悩んでいてもしょうがないのです。

つまり、「あなたが気にしても、気にしなくても」変わりません。

(アドラー心理学で言う所の”課題の分離”です)

僕はそれを学んでから、深く悩むことが減りました。

「自分が変えられないことを、悩んでも仕方ない」
「今の自分にできることって何だろう?」

そんな言葉を、毎日自分に投げかけるようにしたのです。

「悩みを減らす」には、自分の課題を認識し、それに集中すること

ぜひあなたにも取り入れて欲しいと思います。

ちなみに、あなたは「今、営業で結果を出すためにすべきこと」を分かっているでしょうか?

もしあなたが、

✔︎やるべきことが分からない
✔︎一生懸命やっているけど手詰まりだ
✔︎なぜか空回りしてしまう
✔︎別の効率のよい方法がある気がする
✔︎1人でも取り組める営業力アップの方法を知りたい

と思うなら、このブログの人気記事である営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】がオススメです。

この記事では、僕が営業で悩み抜いて分かった「営業で、これは最低限必要だろう」というスキルが身に付く方法を厳選しました。

失敗ばかり積み重ね、ムダな時間を過ごしてしまうと、それこそメンタルに良くありません。

よりよい方法を探し、それに集中して取り組めば、おのずと結果はついてきますよ。

以下のリンクから、それを確認してみて下さい。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

③:自分以外に目を向ける

最後のコツは、「自分以外に目を向ける」ことです。

言いかえると「社会に貢献する」意識を持つのがオススメです。

営業は、自分の目線だけで考えてしまうと、疲れてしまうことがあります。

例えば、僕はこんな気分になったことがあります。

  • 自分は、お金のためだけに働いているのでは?
  • 会社にこき使われている気がする…

やりがいを見失い、営業がイヤになりそうでした。

その悩みを解決したのが、「社会に貢献する意識」です。

会社に搾取されている、と思うと、働くのはとてもつらいですよね。

しかし、
「自分が働いているから、会社が回っている」
「この仕事で喜んでくれる人がいる」

と思えると、仕事も悪くありません。

人間は社会的な生き物なので、相手の役に立っている」と分かると、前に進めます。

ぜひ、あなたも「自分が役に立っていることはあるか?」という視点で周りを一度みて下さい。

メンタルは認識1つから強くできる

ということで、今回は以上です。

営業において、弱いメンタルは損しかなく、なぜそうなってしまうかを開設しました。

弱いメンタルから脱出するポイントは、

  1. 悩みの原因を知る
  2. 自分にできることを知る・行動する
  3. 自分以外にも目を向ける

でした。

「営業として、今の自分に何ができるか?」

そこを考え、実行することで、あなたのメンタルは大幅に改善されます。

特に初心者向けの具体的な行動プランは、【初心者の方へ】営業で結果を出すためにオススメ記事TOP10を紹介で紹介しています。

ぜひ読んで、今日からできることを実行してくださいね。

【初心者の方へ】営業で結果を出すためにオススメ記事TOP10を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です