営業マン必見の無料セミナーはこちら

営業で鋼のメンタルは不要?売れ続ける営業マンに共通する3つの特徴とは

Pocket

「営業でメンタルが削られてつらい…何かいい方法はないかな」
「なんでできる営業マンはあんなにメンタル強いんだろう…」

そんな方向けです。

僕自身、契約が取れずにメンタルがボロボロになった経験があります。

スマホを地面に叩きつけて壊してしまったり、次の日の営業が不安で眠れなかったりしたこともありました。

ただ、「このままじゃダメだ」とトップ営業マンを観察し、本を読むうちにコツを掴んだんですね。

この記事を読むとこんな事が分かます。

  • 営業マンはどんなメンタルを持っているべきか
  • できる営業マンはどうメンタルを維持しているか
  • メンタル安定のためにすぐに取り組めることは何か

実際に僕がメンタルが強くなった方法です。

最近は落ち込むことも怒ることもほとんどなく、安定してやるべきことに取り組めています。

その結果、売上0(=事務所最下位)のダメ営業マンから月700万円売り上げて、事務所最下位からナンバー2にランクアップできました。

しかも、人間関係まで楽になったんですね。そのコツを惜しみなく公開します。

そもそも営業マンに必要なメンタルとは何か?

まず最初に、どんなメンタルが営業マンに必要かざっくりとお伝えします。

それは「しなやか」なメンタル。

イメージとしては、どんなことも柔らかく受け止める「竹」ですね。

マッチョじゃなくて、ヨガの達人みたいな感じ。

鋼は、自分より強いものが来たら壊れてしまいます。私たちの日常生活も、どんなストレスが生まれるか分からないですよね。

なので頑丈であることよりも、「受け流せる」能力が必要です。

「ずっと強くないといけない」と思うとツライものがあります。
「ツラい時はそれを認め、改善しよう」とまず考えることを知ってくださいね。

メンタルが安定している営業マン3つの特徴

「竹」「ヨガ」と言われても、まだピンと来ない人も多いと思います。

次からは「しなやかなメンタル」を持った営業マンの特徴を3つご紹介します。

それは以下のとおり。

  1. 営業を「ビジネス」として考える
  2. 営業の「成功パターン」を知っている
  3. 努力できる環境にいる

1つずつ解説しますね。

メンタルが強い営業マン①:営業を「ビジネス」として考える

まず、できる営業マンは全てを「ビジネス」として考えます。

言いかえると100%、「仕事」として営業に取り組むということですね。

「自分」より「営業」を優先できるので、メンタルへのダメージが大幅に減らせるのです。

営業では、誰しもがお客さんの言葉でショックを受けることもあります。

しかし、その後の反応で「できる営業マン」と「ダメ営業マン」は分かれるんですね。

その違いを見ていきましょう。

メンタルが強い営業マンの「ビジネス」としての考え方

できる営業マンは「ビジネス」を優先するので「なぜお客さんにあの発言をされたのか」「販売のために改善できるのは何か」を考えます。

その結果、いくら怒られたとしても「次の契約に向けて」仕事ができます。

具体的には「契約率・キャンセル率・怒られた回数」など全てを数字で考えたりするのが特徴ですね。

「今月は契約率が30%か。ちょっと低いから、トークを練習しよう」
「キャンセル率が先月より10%高いなあ。お客さんの信頼を得られているか見直すか」
「アポ件数は今月20件欲しいなあ。早めに出社して、上司にやる気をアピールしておこう」

以上のような思考ができる営業マンです。

メンタルが弱い営業マンは「自分」優先で考える

しかし、ダメ営業マンは違います。

「なんで俺が怒られなきゃいけないんだ」「俺は悪くない」と自分の感情やプライドを優先するんですね。

お客さんの言葉を毎回思い出して、精神的に落ち込んでしまいます。

僕の先輩のNさんも、もともと「自分」を優先させる人で口グセは「なんで俺が」だった人でした。メンタルも不安定だったんです。

しかし事務所で干され(笑)、考え方を改めた結果ビジネス志向が身についたそうです。

「契約率」のためにマニュアルが徹底するなどして、メンタルも安定し、結果に繋がったんですね。

N先輩の売上は、不安定だった時期の月間50万から平均月間500万円にアップ。

なので「結果」につながる、という意味でもまずはぜひ「ビジネス」としての考え方を身につけてください。

その身につけ方はできる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】で解説しています。

できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】

メンタルが強い営業マン②:営業の「成功パターン」を知っている

2つの特徴は「成功パターン」を知っていることです。

「ゴールへの道のり」が分かっているとメンタルが安定するんですね。

特に営業の場合は以下2つの成功パターンを知っていることが重要です。

  • 営業力の成長パターン
  • 結果を出すステップ

それぞれ解説します。

営業力の成長パターン

まずは成長パターンについて。

営業では、契約にたどりつくために「営業力」を身につけることが大切です。

しかし、「営業力」は身につくのに「思っているより」時間がかかります。

最初は少しずつ成長し、ある点を越えると一気に実力がつくんですね。

それは以下の図のとおり。

多くの人は、「がんばった分だけ成長するよね」と黒線をイメージします。

しかし、実際の成長は赤線のカーブなんですね。

なので「そろそろ契約が取れるのでは?」と期待する時期にはまだ実力はついていないのです。

そのギャップの期間に多くの営業マンは苦しみます。

メンタルの弱い営業マンはこの事実を知りません。

後ちょっとで一気に成長するのに「これだけやったけど、やっぱりダメだ…」と思うんですね。

一方、メンタルの強い営業マンはこの事実を理解しているから、契約が取れなくも落ち込みません。

僕は先輩にこの事実を教えてもらったので、めげずに努力を続けられました。

なのであなたもこの事実は確実に把握してくださいね。

結果を出すステップを事前に知っているか?

成長曲線と同様に重要なのが「結果を出すステップ」を知っていること。

営業は学校や会社で、なかなか教えてもらう機会がありません。

学校では「販売」を習わないし、会社もみっちり教えるには人手不足ですからね。

なのに営業で成功するは多くのことを学ぶことが必要です。

考え方・セールストーク・傾聴・商品知識・行動心理学…

あげるとキリがありません。

なのでメンタルの弱い営業マンはその量に圧倒され、「自分にはできない」と感じてしまうのですね。

僕の会社をやめた後輩のMくんもそうでした。

「僕は話し方も下手くそだし、知識もないし、もうやめます…」

当時の僕にはまだ「結果を出すステップ」を伝える実力が足りなかったので、非常に悔しい思いをしました。

一方、メンタルが強い営業マンは「今何をすべきか」を理解しています。

事前に情報を集め、それに応じて行動するんですね。

僕の後輩Mくんみたいに挫折する人を1人でも減らしたい。

そんな思いで営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】を書きました。成功するステップを把握して、ゴールへの道のりをイメージしてくださいね。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

メンタルが強い営業マン③:努力できる環境にいる

最後は自然と「できる」環境です。

人間はあらゆるものに影響を与え、また影響を受けて生活しています。

メンタルはその最たるもの。

なので、周りの環境を整えると、自然とメンタルの調子がよくなります。

メンタルの強い営業マンこそ、周りの環境をうまく使い、自分をコントロールしていますよ。

逆にメンタルが弱い人は周囲の人やものから悪影響を受け、苦しむ傾向が強いですね。

一例として、僕も結果の出ないと嘆く同僚といるのを控え、励ましてくれる先輩との時間を増やしたんです。

すると自然とポジティブになれました。

なのでぜひ環境を整えるようにしてください。

環境は「ヒト・モノ・お金・情報」の4つに分けることができます。

整え方は営業でやる気が出ないのはあなたが「4つの環境」を活かしていないから【即改善】で詳しく解説しているので、チェックしつつ行動してみてください。

まとめ:メンタルは生まれつきではなく変えるコツがある

今回のまとめは以下の通り。

メンタルの強い営業マンは「しなやか」な考え方を持っている

それは具体的には

  1. 営業を「ビジネス」として考える
  2. 営業の「成功パターン」を知っている
  3. 努力できる環境にいる

「なんでメンタル弱いんだ…」と思っている人は、純粋にこれまでの経験からそう思い込んでいるケースがほとんどです。

1ヶ月後、半年後、1年後…

いつもでもいいですが、将来のあなたが悩みが少なくなって、ストレスの少ない生活ができていたら僕も嬉しいです。

そのためにできることを1つずつ積み上げて下さいね。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です