営業マン必見の無料動画はここから

営業の勉強方法とは?周りと差がつく学ぶべきジャンル・コツを徹底解説【保存版】

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0009_original.jpg
ショウ

こんにちは!
営業の思考法×ブログ発信のショウ(プロフィール)です!

「営業で結果を出す勉強方法を知りたい」
「成功・出世する営業マンはどんな勉強をしているのだろう」

そんな方向けです。

知識不足の営業マンはお客さんから信頼が得られず、なかなか契約が取れませんよね。

しかし誰しもが0からのスタートです。
僕自身、営業を始めた時は手探りで勉強をしていました。

今回は結果を出すために必要な「勉強のジャンル」と勉強方法をお伝えします。

僕も売上0の時期がありましたが、コツコツと続けたことで半年で月間700万円の売上が出るまで成長しました。

試行錯誤のなかで厳選したおすすめの方法を網羅していますので、ぜひブックマークして何度も見ていただきたいです。

では、さっそく見ていきましょう。

営業で勉強すべき5つのジャンルとは?

まずはジャンルから。

営業でまず初めにつけるべき知識と、その順番は以下のとおりです。

  • ビジネスの考え方・知識
  • 専門知識
  • 傾聴/心理学
  • お客さんの世代の話題
  • 時事ニュース

1つずつ解説していきますね。

勉強すべきジャンル①:ビジネスの考え方・知識

まず営業を始めたら最初に身につけたいのが「ビジネスの考え方・知識」

大切なのでもう一度言うと、「ビジネスの考え方・知識」です。

少し具体的に言うと「ビジネスとして、お客さんのために行動し考える力・知識」のことを言います。

実は、多くの営業マンは専門知識やトークから始めるから、苦労するんですね。

僕もその1人でした。

自分の売上ばかり気にして「お客さんを説得するための」トークを磨いていたのです。

また、数字を把握せずに直感だけで営業をしていました。

その結果、最初の2,3ヶ月は売上が全く上がりませんでした。

考え方が間違っていたので、間違った勉強(=行動)をしてしまったのです。

一方できる営業マンは、お客さんのためを考えてトークを実践します。

お客さんが納得して自然と契約になる営業をするんですね。

また、結果が出ないときは数字を分析して改善します。

その結果、スランプがありませんし、昇進や転職をしても結果を残し続けます。

僕の会社のレジェンド営業マンがまさにそうでした。
その方は毎日数字と真摯に向き合い、鏡に向かってトーク練習をし続けたそうです。

現在は自らが立ち上げた不動産会社で成功しているとか。名古屋の中心部のキレイなマンションに住みながら、ごっつい車を乗り回れされています。笑

お寿司をご馳走になったときに色々と話を聞いたのですが、やはり「ビジネス」として営業に向き合う人は結果を出しますね。

なのでまずはビジネスの考え方と知識を磨くのがおすすめです。

その両方が学べる方法は営業で結果を出せるビジネスマインドを手に入れる方法とは?最適な学習法を紹介でご紹介していますので、チェックしてみてください。

営業に必須の「ビジネスの基本」を学ぶには?半年で0から月間700万売り上げたオススメ方法を紹介!

勉強すべきジャンル②:業界の専門知識

ビジネスの基礎を身につけたら、次は商品・業界の専門知識です。

トークの知識・心理学も必要ですが、優先すべきはやはり専門知識ですね。

お客さんが「欲しい・得する・驚く」知識を持っていると、専門家としての信頼を獲得できますよ。

そして「専門家」と言うのはカンタンですが、実はこの「専門家」という立ち位置は非常に重要です。

ダメな営業マンは、お客さんに「営業の人だ」と思われます。

そしてダメ営業マンは「お願い」をして営業するので、お客さんに値切られるんですね。

しかし、できる営業マンは専門家として話をします。

適切な提案ができるので、お客さんの方から「あなたに任せたい!お願いします!」と言われますよ。

僕は子ども向け教材の営業だったので、「勉強の専門家」として見られるべく努力しました。

  • 効果的な勉強/暗記方法
  • 子供の発達理論(発達障害など)
  • テストの攻略法
  • 地域の進学情報/キャリア論
  • 親子関係改善のコツ(教育学・心理学)
  • YouTuber(フィッシャーズ・歌い手・はじめしゃちょー・東海オンエアなど)
  • 流行りのゲーム(フォートナイト・荒野行動・PUPGなどなど)

すべて「プロ」と思われるために取り組んだんですね。

営業の合間に読んだ本は年間100冊弱、その数字も自信になりました。

50冊くらいはKindleでも読んでます。

その結果お客さんから「契約をお願いされる」営業を実践できるようになったのです。

なので2つ目は専門知識を磨くこと。

おすすめは人に聞くことと読書です。方法は後ほど紹介しますよ。

勉強すべきジャンル③:傾聴・心理学

3つ目は会話に関する勉強です。

これは傾聴と心理学を学ぶのがおすすめ。

傾聴は「聴く技術」ですね。

カウンセラーやコンサルタントなら必須の技法なのですが、営業で傾聴ができると差がつきます。

営業では「お客さんが話す」ことが重要なので、ぜひ身につけてください。

営業に話術は不要!傾聴3つのコツでお客さんが自然と話したくなる雰囲気を作る!も参考にしていただけると良いかと思います。

また、ここまでの「ビジネス・専門知識・傾聴」を学んだ上で心理学を学ぶと鬼に金棒。

営業は「人」が相手ですよね。

「人」を知っているかどうかで、大きく差がつくのは明白です。

心理学では「どうしたらお客さんと距離が縮められるか?」「話を効果的に伝えるコツは何か?」などが学べますよ。

勉強すべきジャンル④:お客さんの世代の話題

ここからは「話題作り」の勉強です。

+αの信頼関係を作ることが目的ですね。

それはズバリ、「お客さんの関心のあること」を学ぶこと。

自分の好きなことを、相手が知っていたら嬉しいですよね。

なのでお客さん世代の趣味・ブームなどを勉強しましょう。

僕は「子どものいる家庭向け」の営業だったので、以下のとおりに勉強しています。

  • お父さん/お母さんの話題
  • 料理
  • YouTuber
  • スマホアプリ

特に「今」関心のありそうなことを中心に知っておくと良いですね。

今のお父さん・お母さんは子どもがスマホばっかり触っているのがとても気になるようです。

なのでそのアプリに詳しいのはもちろん、どうやったら制限できるか、他の家庭の話などを知っていると喜ばれます。

ぜひあなたのお客さんの層を意識して考えてみてください。

法人営業なら当時のヒット曲や美味しいレストラン・居酒屋などがウケそうですね。

勉強すべきジャンル⑤:時事ニュース

最後は時事ニュースです。

雑談でお客さんの方から言われることがあるので、ある程度の知識を持っておくと良いですね。

「この人一般常識ないな…。」
「この営業マン、ニュース見ないんだな」

そう思われると、信頼関係を作る上で良いことがありません。

以下の4種をおさえておくと、お客さんの雑談に合わせられます。

  • 大きなニュース(政治など)
  • 芸能人のスキャンダル
  • スポーツ
  • 天気(台風・雨予報)

営業で効果的な3つの勉強方法とは?

ではここから、以上5つの知識を学習するのにオススメの方法をご紹介します。

大きく分けて3つの方法があります。

  1. インターネット…「ビジネス」「お客さんの話題」「時事ニュース」にオススメ
  2. 読書…「専門知識」「心理学」を学ぶのにオススメ
  3. 人(上司・先輩)にきく…「専門知識」「傾聴」を学ぶのにオススメ

これも1つずつご紹介しますね。

おすすめの勉強方法①:インターネットの活用

まずはインターネットの活用です。

営業の移動時間中にもできますし、1人の時間を最大限に活用できますね。

1番優先して学ぶべきである、「ビジネスの考え方・知識」は特にネットがオススメです。

読書でも良いのですが、初心者にはやや難しいのが問題なんですよね。

これまで習ったことのない方が、ビジネスの専門書に取り組むと挫折すると思います。

なのでYoutubeなどを活用し、ネットで経営者の動画を見て学ぶと失敗が少なく、スムーズです。

僕のオススメしている動画は営業で結果を出せるビジネスマインドを手に入れる方法とは?最適な学習法を紹介でご紹介しています。

こちらの動画では音声もプレゼントしてくれるので、スマホにダウンロードして復習できるのも良いポイントですよ。

「お客さんの話題」については検索で色々と出てきます。

「30代 ヒット曲」「50代 ブーム」などと調べるだけで情報がたくさん手に入るので、1つずつインプットしましょう。

また「時事ニュース」は「スマートニュース」などのアプリを見ておけば十分ですね。

*新聞は読まなくても良いですね。

営業で「無難な雑談」をする程度なら「見出し」を把握しておけば良いので…。

むしろその時間があったらビジネスの考え方や専門知識を学んだ方が有効だと考えます。

おすすめの勉強方法②:本を読む

「専門知識」「心理学」を学ぶには読書がオススメです。

その理由は「信頼性」と「情報の深さ」

本はネットよりも信頼できる情報が多く、かつ内容が濃いものがほとんどです。

なのでプロとしての知識は本で身につけてください。

家でじっくり勉強するなら紙の本を買って、書き込みながら学ぶと◎ですね。

僕は教育系の本についてはたくさん書き込んで学習しました。

「ビリギャル」は教育業界なら必読ですね
思いついたことを書くと知識が整理されます

なお、移動中に本を読みたい!という方はKindleを使うと良いですね。

僕も50冊以上Kindleで本を買いましたが、電車の移動中やレジの待ち時間などに読書ができるので、とても満足しています。

心理学については『影響力の武器』など名著を読むだけでも、一歩抜け出すきっかけになるはず。

『経済は感情で動く』なども参考になりますね。

おすすめの勉強方法③:上司・先輩に聞く

また、「専門知識」「傾聴」は上司・先輩に聞くことも有効ですね。

「どんな知識を身につけるべきか」「どんな本を読んだら良いか」分からない…。

と迷ったら上司や先輩に聞きましょう。

あなたの業界にぴったりの本を教えてくれるはずです。

また、聴く技法である「傾聴」については、上司や先輩にアドバイスを求めると有効です。

上司にお客さん役になってもらい、ロールプレイングを実際にやってみましょう。

そしてフィードバックをもらえれば、あなたの傾聴力は確実に高まりますよ。

参考:営業のトーク練習法!時間をムダにしないロープレの必勝法とは?

まとめ:営業は正しい方法で勉強すれば必ず結果になる

今回ご紹介した、営業マンが勉強したいジャンルは、以下の5つでした。

  • ビジネスの考え方・知識
  • 専門知識
  • 傾聴/心理学
  • お客さんの世代の話題
  • 時事ニュース

また、オススメの学習方法は3つでしたね。

  1. インターネット
  2. 読書
  3. 人(上司・先輩)にきく

ぜひ、1つずつ学んでいってください。

最初は量が多く感じられるかもしれませんが、身につけば一生役に立ちます。

僕も営業だけでなく、家族/友人との関係も改善されましたし、自分に自信が持てるようになりました。

この記事が、あなたの営業がうまくいき、人生の選択肢が大きく広がる助けになっていれば嬉しいです。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です