営業マン必見の無料動画はここから

営業は録音してOK?売上が10倍になった録音&活用方法を紹介!【おすすめボイスレコーダーも】

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0009_original.jpg
ショウ

こんにちは!

営業の思考法×ブログ発信のショウ(プロフィール)です!

営業をしていると、「録音」について必ず耳にすることがあると思います。

そうすると、こんな疑問が出てきたりします。

  • お客さんとの会話を録音していいのか?
  • どうやって録音をするのか?オススメのアプリや機器は?
  • 録音の効果的な使い方は?

これは実際の僕の疑問です。

今回はこの3つの疑問に答えていきますね。

ちなみに、営業のトークに録音は必須です。

実際の営業の時の録音でも、自分の練習でもどっちでもいいですが、自分の声を聞くことはゼッタイにオススメです。ぜひやって下さい。

僕は未経験から完全歩合制の教材の訪問営業を始めました。

最初、コミュニケーションが苦手でうまくしゃべれなかったんですね。売上は月50万もいってなかったと思います。

ただ、先輩から「自分の声を聞いてみろ」と言われ、練習したところトークが劇的に改善されました。(先輩にもお前よくなったよ、と言われました)

その結果、半年たたずに売上は700万円を超えたんですね。10倍以上です!

ということで、僕の活用方法もぜひチェックしてくださいね。

(*録音の活用方法を早く知りたい!という方は下の「もくじ」からジャンプできます。

Q1.営業でお客さんとの会話を録音するのはOKなのか?

まず最初に、「自分がお客さんとの会話を録音していいのか」という疑問を解決します。

というのも、先輩に「録音しろ」と言われ、「実際の営業を録音できたらいっきにトークの改善できるんじゃないか?」と思ったからです。

もしかしたら、会社で録音しろという所もあるのかもしれません。

スマホの故障などで、会社の「お問い合わせセンター」に電話すると「この会話は録音されています」というのも聞きますよね。

特に電話での録音は当たり前になっている感じがします。

でも、僕の営業は対面式だったんです。

こっそり録音すると盗聴になっちゃうのでは?と心配になり調べました。

結論としては「お客さんに許可を取ったほうがいい」です。

調べると、「盗聴」と「秘密録音」という2つの区別があることがまず分かったんですね。

盗聴…会話をしていない人(=第3者)が勝手に録音すること
秘密録音…会話をしているどちらかの人が秘密で録音すること

つまり、もし僕が営業時に、お客さんに知らせずこっそり録音した場合は秘密録音になります。

秘密録音を禁止する法律はないそう。ただ、「プライバシーの侵害」の解釈しだいではアウト(=違法)らしいです。

録音したデータがばら撒かれたら絶対イヤですし、違法っぽいですよね。また、今の時代、絶対にデータが流出しないとも限りません。

なので、僕は頼んでも良さそうなお客さんに、こう言ってお願いをしていました。

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0009_original.jpg
ショウ

会話の勉強中なので、お願いします!データネットに繋げない機器で、僕がきちんと処理しますので!

実際の録音があると反省がはかどります。できる方はぜひやって下さい。

データだけは責任を持って処理して下さいね。
(*注:僕は法律の専門家でもなんでもないので、この辺の解釈は自己責任でお願いいたします。)

Q2.どんな録音方法がオススメ?アプリや機器はどう選べばいいの?

Photo by Oscar Ivan Esquivel Arteaga on Unsplash

というとで、「録音すること」の疑問は解決しました。

おすすめ録音方法

次は録音方法のアドバイスです。

まず、録音にはざっくり次の方法が考えられます。

  • スマホのカメラアプリ
  • スマホの録音アプリ
  • ICレコーダー

これは状況に応じて使い分けるといいですね。

自分で練習するときには、スマホにあるカメラアプリでOKです。こだわりがあったら録音アプリでもいいでしょう。

ただ、お客さんとの会話を録音するならICレコーダーがおすすめですね。

ICレコーダーなら多少距離があっても音質バッチリです。

逆にスマホで録音すると、机にスマホを置かなければいけません。

するとお客さんの注意が分散するので、できれば避けましょう。

おすすめボイスレコーダー

ということで、ここでICレコーダーをパパッと3つご紹介します。

正直な話、「どれがいいんだろう」と悩みすぎるのはよくないですね。

肝心の練習の時間が減ってしまいます。

なので、気に入ったものをAmazonでサクッと買って、どんどん練習できる環境を整えてください。

僕が愛用しているのは、オリンパスのボイスレコーダーです。

ビッ◯カメラの店員さんにおすすめだったので買いました。笑

これのすごい所は、USBの接続ができる所。

ガシャンと、端子が裏から出てきます。

裏からUSB端子が出現

これによって、PCでの充電・データの保存が一瞬でできます。

他のものだと、SDカードを抜いたり挿したりしないといけないので、面倒なんですよね。

僕の使っているmacbook Airとほぼ同じ厚さなのはちょっと難点ですが(かさばる)、音質もよく重宝しています。

また、充電を忘れた時は電池で対応できるのもいいですね。

8000円するので、ちょっと値段は高いですね。

成長のための自己投資だと思って僕は買いました。

今となってはそのコストは十分回収できたと感じていますね。

レコーダーの購入を考えている方は、以下のリンクからどうぞ。

また、調べると以下のレコーダーも使い勝手が良さそうです。

薄いタイプが欲しい方や、ペン型タイプにこだわる方は、次の2つがいいと思います。

Q3.営業のトークを録音でどうやって改善するのか?効果的な方法は?

では活用方法です。

これは3つあるので、全部使って下さい。

  1. 録音&お客さんになったつもりで全部聞く
  2. テーマを決めて聞く
  3. 先輩に録音をお願いして繰り返し聞く

それぞれ詳しく説明していきますね。

なお、そもそも営業で何からやればいいかわからない人は、次の記事を先に呼んでください。

すると、やるべきことが明確になり、目標を持って努力できますよ。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

録音での営業トーク改善法①お客さんになったつもりで全部聞く

まず、最初はとりあえず録音して全部聞きましょう。

自分の声って、意外と聞いたことないのでムズムズするかもしれません。

僕も「うわ…完全にいとこがしゃべっとるわ…」ってなって最初は集中できませんでした。

余談はさておき、慣れてきたらお客さんのつもりで聞いて下さい

僕が意識したポイントとしては下記のとおりです。

  • お客さんが楽しそうか?または価値を感じているか?
  • 自分のイメージ通りの流れになっているか?
  • 印象はどうか?

あと、気づいたらメモを取ると効果倍増ですね。「次からこうしよう」とセットで書くとカンペキです。

実際に、僕の例を出しておきますね。

「自分が思っていたより、早口だった。特にお客さんが納得していないと思ったときにその傾向がある。次からは、ひと呼吸おいてから進めよう」


「ちょっと説明で詰まっているところがあった。特に値段のときに言いなおすのは印象がよくない。料金表を今日から復習しよう」

当時のノートから要約

なお、改善についてはPDCAが基本です。

PDCAについて営業の例を交えて知りたい方は【具体例】PDCAサイクルで個人の営業売上10倍を達成した方法とは?事例&シート付きで徹底解説をご覧ください。

営業のPDCAサイクル!個人成績が10倍になった方法とは?事例&シート付きで徹底解説

録音での営業トーク改善法②テーマを決めて聞く

ある程度自分のクセがわかったら、今度はテーマ別に聞きましょう。

さらなるレベルアップになります。

おすすめテーマをご紹介しますね。

  • 話し方…相づちは自然か?話すリズムは早い?遅い?声のボリュームは?
  • 会話の内容…お客さんがなんども言う言葉は?聞き直すところはどこ?
  • 時間配分…雑談は何分か?商品紹介は?理想の時間配分とのズレは?

ここでは、「話し方」はもちろん、内容や時間もチェックします。

【営業時に気づかなかった大切なこと】が発見できるのがポイントです

「お客さんはここで不安だったのでは」「この返しはなかったな」「だから時間が無くなるのか」

など、気づきが満載だと思います。

そして、それを元に毎日改善しましょう。

★おまけ★
「1日1ほめ・1改善の原則」
余談です。
僕が大切にしている、モチベーション維持の方法ですね。

やることは名前のとおり。
「1日1つ、自分が良かったところを1つ振り返り、改善することを1つ見つける」
これを毎日やれば結果が出ます。営業の勉強を始めると、自分ができないことが最初は多いので、ショックを受けることが多いのです。そこで挫折するともったい無いので、1日1コずつ「ほめ&改善」するんですね。ノートやスマホに記録すると◎です。

録音での営業トーク改善法③トークがうまい人の録音を繰り返し聞く

①・②をくり返したら、あなたのトークはかなり自然になっているはずです。

が、これだと自分の想像力を超えられないんですね

自然なだけでは商品は売れません。

人に「なるほど!これは必要だ」と思ってもらうには、お客さんを「本気にする」ことが必須なんです。

そして、これは知っているだけではいけません。

あなたが普段の営業ですぐに言えることが求められます

なので、トークがうまい人の録音をくり返し聞くといいですね。

録音を聞き込むことで、

  • 「こうするとお客さんを引き込むことができるのか」
  • 「間はこうやって取るのか」
  • 「こう話が展開できたら説得力があるなあ」

など、発見がめちゃくちゃあります。

僕も先輩の録音と動画をくり返し聞き、同じトークができるようになった途端に結果が出るようになりました。

自分の言葉に迷いがなくなるので、絶対にやったほうがいいですね。

ただ、先輩も忙しかったり、周りの人に頼みづらい場合もあると思います。

その場合は、ネットで「トークがうまい」人の音声を聞いたり、動画をみたりしましょう。

僕がオススメしているのは、加藤将太さんという方の動画・音声です。

この方は京大の院卒(MBA)、元塾講師でバリバリ現役経営者というスーパーな人ですね。

僕はYoutubeなどで色々な人(講演家・営業マン・教師…)の動画を見ましたが、この方が特に営業マンのトーク改善にはぴったりだと思います。

というのも、内容が営業マンに必須の思考法を教えてくれるからですね。

話し方を真似するだけでなく、思考法まで鍛えることができるので、周りに頼める方がいない場合はぜひチェックしてみてください。

加藤さんと、営業おすすめの学習法については以下の記事で解説しています。

面白いし、かつ営業のエッセンスが学べるのでぜひチェックして下さい。

営業に必須の「ビジネスの基本」を学ぶには?半年で0から月間700万売り上げたオススメ方法を紹介!

まとめ

あなたは自分の話し方がダメだ、と思っていないでしょうか。
もし思っていたら、今日からこう考えてください。

「今は、自分の話し方はダメかも」

”今”というところがポイントですよ。今から毎日改善すれば、かならずあなたは売れる営業マンになれます。

その一つの方法として、今回は録音を紹介してきました。

ぜひ活用してあなたの営業生活を充実させてください。

また、営業では「話し方」を変えても「考え方」が間違っていないとうまくいきません。

こちらの記事もぜひ読んで、一気に営業力をアップさせましょう!

できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です