営業マン必見の無料セミナーはこちら

営業に疲れたら。深夜25時まで残業&週27日出勤から抜け出した方法【経験談】

Pocket

「営業で疲れた…」「もっと休みが欲しい」「残業続きの現状をどうにかしたい」

体験談から、営業の長時間労働からの脱出法をお伝えします。

僕が営業マンとして働き出したときは、月27日出勤し、残業(無給)も25時越えも珍しくない状況で働いていました。

本当に、しんどかったです…。

周りの人が家に向かう時間の電車で、会社に戻らないといけない。眠くても、先輩のために処理しないといけない書類が山積み。そんな営業生活でした。

しかし工夫を重ねた結果、数ヶ月後にはかなり状態が改善したんですね。

月24日出勤、24時までの退社を実現できました。月80時間以上は削減できてます。

実際に何をしたのか?その方法を3つに分けてお伝えします。

残業・出勤日数を減らすための3つのコツとは?

では、実際に出勤日数を減らすにはどうすればいいのか?

そのコツは以下の3つです。

  1. 「休み」についての考え方を変える
  2. 結果を出すための努力をする&アピール
  3. 上司など社内への根回し

1つずつ解説しますね。

営業に疲れた時のコツ①:「休み」の考え方を変える

まず1番は「マインド」を変えることです。

実は、休みを取ることを難しくしているのは、実は「自分自身」なんですね。

社内で嫌われたらどうしよう…
売上がもっと下がったら生活が厳しいなあ…
昇進した先輩はもっと働いていたらしいけど…

このような恐怖を感じたことはありませんか?

人は、考えすぎたあげく「じゃあみんなと同じくらい働いておこう」となるんです。

恐怖をぼんやりと感じ、逃げるように働いてしまうのです。そのほうが楽だから。

なによりも、僕が実際にそうでした。

もともと僕は「適度に働いて、自分の時間がほしい」タイプです。

週5で働きたい、いやいやもっと休みが欲しい…と大学時代は言っていた人間でした。

しかし、入社後に上司から「みんな新人の頃は週6日以上働いてるぞ」と言われたり、先輩が「俺今週休みなしだわ」と言われつづけ…。

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0009_original.jpg
新人時代のショウ

今月は結果出すために週6出勤します!

そう、「自ら」休みを削るようになったのです。

すると上司は何というか?

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/11/andrew-neel-TTPMpLl_2lc-unsplash-e1574764648195.jpg
上司

分かってるじゃねえか!さすがだな!

と褒めてくれるんですね。

尊敬する上司に褒められると、やはり嬉しいんです。

「上司に認められたい!」「社内で嫌われたくない…」「会社で居心地よく働きたい。」

こんな思いが、僕の中で大きな部分を占めていたんです。

ただ、これで結果が出るならいいのですが、現実は違います。

僕は長時間労働の結果疲れはて、大切な営業で眠たくなったり、ろれつが上手く回らないなど売上は一向によくなりませんでした。

そこでやっと「休まないとダメだ」と気づいたんですね。

そして、その後休みをしっかりと取れるようになりました。

言いかえると、僕が休めるようになったのは「休みの必要性に心から納得した」からなのです。

なのであなたもぜひ「自分には休みが必要だ」と強く自らに言い聞かせてください。

その信念がある方は、この後の2つのコツを有効に活かせるはずです。

まとめると、1つ目のコツは「自分は休まないといけない」と考え方を変えることです。流されないこと、ですね。

*営業全体の「考え方を」変えるにはできる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】がおすすめです。

営業に疲れた時のコツ②:結果か努力を見せる

ではここから、気持ちよく休めるためのコツを2つお伝えします。

休みを勝ち取るには「結果」

何より大切なのは「結果」ですね。

売上の高い営業マンの方が、低い営業マンよりも休みが取りやすいのは残念ながら事実です。

なので、覚悟を決めたら、まず実力をつける所から始めましょう。認められれば、休みはすぐに取れますよ。

ただそうは言っても、「もう十分努力してるけど、結果が出ないんだ」と悩んでいる人を僕は多く見てきました。

実際に、僕も「できない」→「頑張る」→「疲れる」→「考えずに行動」→「できない」の負のループをイヤというほど経験しているんですね。

深夜25時まで研修して、そこから事務所の掃除、書類の作成、付き合いの麻雀…。

そういう人は、努力の方向が間違っている可能性があります。

それは非常にもったいないことですので、ぜひ「正しい努力をしているか?」をチェックしてみてください。営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】で結果を出すために必要なことを紹介しています。

努力を見せると成長途中でも休みが取れる!

しかし、結果は努力を始めてからすぐには現れないことがほとんど。

その間休むにはどうするか?

それが、努力のアピールです。

「あいつがんばってるな」と思われると、その営業への思いはかくじつに周囲に伝わります。

その人が、「営業に集中したいから、体の疲れを取りたい」と言ったらどうでしょう。休めそうですよね。

僕もまず先にアピールをすることですんなり休みが取れました。

営業から戻ったら、誰よりも早く書類を処理し、すぐにトーク練習に取り掛かったんですね。

また、目標を宣言して行動していたのもよかったと思います。

逆に僕の後輩のJくんは、結果も出ておらず、努力も伴っていませんでした。「俺は旅行に行くんで」と社内に言いふらし反感を買ってましたね。

彼はトーク力と熱意はありましたが、根回しが下手だったので成長に時間がかかっています。

なのでまずは「結果」と「努力を見せる」ことから始めてください。

営業に疲れた時のコツ③:上司への根回しをする

最後のコツは根回しです。

結果や努力を見せても、偉そうな人は長い目で見ると社内でうまく行かないですよね。

上司との関係を一気に良くする必殺のコツをお伝えします。

根回しの極意は「同意」と「好意」の2つです。

  • 同意…「理解」を示し、受け入れる
  • 好意…「好き」と伝えること

この2つを普段から上司に届けることで、コミュニケーションが大幅に改善します。

すると、「休みが取りたい」と言った時に嫌な顔をされずに、むしろ笑顔で「おお、休め休め!」と言ってもらえるようになりますよ。

気持ちよく休める話し方その1:同意

具体的に、会社の上司には普段以下のようにします。

例)アドバイスをもらいに行く。そのアドバイスをその日のうちに社内で実践する。数日後、「〇〇で役に立ちました!」と伝える。

上司との距離を縮める秘訣は、アドバイスをもらうこと。

「部下の成績=上司の実績」ですし、たいていの上司はアドバイスが大好きです。

アドバイスをもらい、すぐに実践し、結果をフィードバックしましょう。

全身で上司の方針に「同意」するのです。

すると、上司は「自分の意見を聞いてくれた」となり、自分の価値を感じられてハッピーになります。

僕はマネージャーにアドバイスをもらった日には、すぐさま別の部屋でトーク練習をするようにしていました。

動画を取れと言われたらすぐに始めたし、先輩のトークを聞けと言われたらすぐに先輩に録音をお願いしました。

後日「ショウはすぐやるから見込みがある」と言われ、心の中でガッツポーズしたのはここだけの話です。

気持ちよく休める話し方その2:好意

次は好意ですね。

例)「〇〇さんのその姿勢が好きです」「このチームで働けて嬉しいです」「〇〇さんのアドバイスをもらえると自信がつきます」などを伝える。

「好き」という言葉を伝えます。
ちなみに、別にこれは「個人が好き」と言わなくても大丈夫ですよ。

こんな所を褒めてみてください。

  • 「集団」…業界・会社・部署など
  • 「行動」…上司の話し方・教え方・勤務態度など
  • 「身の回り」…持ち物・髪型・カバン・時計など

「Aさんの〇〇、好きなんですよね」と伝えると効果抜群です。

僕の場合、上司か営業をほんとに好きだったので、仕事についてほめまくりました。

「Tさんの話し方、ほんとに勉強になります」
「マネージャーの教え方って分かりやすくて好きですね」

これ、手前味噌ですが、自分がもし言われたらたまらないです。

自分の行動や持ち物って褒められたら、嬉しくない人っていないんじゃないでしょうか。

ちなみに同僚・後輩や他部門の方、さらにはお客さんにもこのコツは使えるので、どんどん試してみてください。

やればやるほど、職場が楽しくなって、今回の目的である休みもどんどん取れます。笑

まとめ:営業に疲れたら「休み」を工夫して取ろう

「休み」は必ず必要です。

今回はそのための方法として、

  1. 「休み」についての考え方を変える
  2. 結果を出すための努力をする&アピール
  3. 上司など社内への根回し

以上3つをお伝えしました。

営業マンが体を壊しては元も子もないので、体調は大切にしてくださいね。

また、現状を変えるのは何気ない1つ1つの行動です。

最初は勇気がいりますが、その1歩をぜひ今日踏み出してください。

また、今回説明はしていませんが、勤務時間を減らすのにムダな練習時間の削減もかなり効果的です。

以下の記事で効率的な方法をお伝えしているので、あわせてチェックしてください。

できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です