営業マン必見の無料セミナーはこちら

【第1話】体力テストEから始まった運動できない×コミュ障的子ども時代

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/0020_original-e1569930971791.jpg
ショー

こんにちは、ショー(プロフィール)です。

ここからは僕の実際の営業体験談をお話します。

今回は第1回ということで、僕が営業を始めたきっかけから始めますね。

僕は「将来の不安を克服するため」営業を始めました。

中校生の頃からコミュニケーションに不安を抱えるも、大学では文系学科に入ってしまった僕。

大学でも「コミュ障だし、クビになったらどうしよう…」「大学で頑張っても社会で通用するわけじゃないし…」とモヤモヤした日々を過ごしていました。

で、色々あって大学をやめ、また不安になるわけです。

そんな時「学生の頃は絶対やりたくないと思った営業」にあえて飛び込み、自分を変える決断をしたわけです。

ここから全5回に分けて僕の営業談話をお届けします。

「誰でも正しく考えて行動すれば、結果を出すことができる」ということが伝わるプロフィールように書いていきますね。

流れとしては以下のとおりです。

  1. 永遠に鬼、誰にも追いつけない「鬼ごっこ」。運動できない×コミュ障的子ども時代<今ココ!>
  2. 将来不安すぎて休学。カリフォルニア農家⇨東京ベンチャーでの2年間
  3. 6年目3年生の大学中退⇨うっかり営業デビュー。
  4. もちろん取れない契約からの猛反撃
  5. 見えてきた結果とこれから

なぜ、大学中退・不安だらけの僕が営業ではうまく行ったのか?

そのヒントが全5話のプロフィールの中に隠されていますので、ぜひ楽しみながら読んでくださいね。

子ども時代のコンプレックスいろいろ

と、いうことで営業を始める前、さらには営業でうまく行き出すまで、僕はコンプレックスや悩みを多く抱えていました。

まあ若者によくある悩みですが、僕はいろいろとこじらせてしまいました。。。

①<〜中学生>運動ができない

僕はもともと、運動がすごく苦手でした。男子で運動ができないのって致命的ですよね。

「体力テスト」って覚えてますか?

小学校では、クラスで1番背が小さくて、ぽっちゃりだった僕。

僕はそのテストで【E】を取ったこともあります。鬼ごっことか、僕が鬼になったら終了でしたからね。

中学時代はどこの部活も恐ろしく、先輩が優しいという理由で陸上部を選択。そしてこれは過ちでした。

鬼のような、いや実際鬼の先生に整体通いになるまで走り込む日々。

そこに追いうちをかけるように、カルシウム摂取量・睡眠時間からは想像もできない「身長の伸び悩み」。なぜか増える体重。

中3の時、1年の女子より足遅かったです。笑

まあそんなこんなで運動ができず、自信のない子ども時代でした。

②<高校生〜>コミュ力がない

僕がワラにもすがる想いでがんばったのは勉強です。

喋る虎や、赤いランドセルの生き物の教材(ベ◯ッセ)のおかげか、僕の学力は平均よりよかったんです。

なので高校は地元の進学校に行くことができました。

が、そこで別の壁が現れます。コミュ力ってやつです。

「他人どう思われてるかこわい」というのが強かったんですね。運動ができず、勉強しかない僕は、ちょっと物を考えすぎる少年に育ってしまっていたのです。笑

しゃべる前に相手のリアクションを考えては話せなくなる。

夜、カエルの鳴き声を聴きながら、布団の中で「ああ…あそこでこう喋っていれば」とひとりコミュニケーション改善会議を開催したことをいまだに覚えています。

特に女子相手はきつかったですね。高校3年間で共学なのにまともに話した記憶が30分くらいしかない。

まあ自分に自信がなかったわけです。

そこでどうしたか?

さらに僕は勉強にはげみました…。笑

③<大学生>なんか周りになじめない、将来不安

そんなこんなで、努力の結果、大学も現役で国立大学に入れました。

「遠くてのどかな所が良いなあ」と北海道大学に入学します。

コミュ力はなんの改善もされませんでしたが、大学入試は偏差値が正義です。僕はある意味良い時代に生まれましたね。

「進学校⇨国立大学」。ぱっと見、順調な人生です。父母、祖父母も「一族の誇りだ」的なくらいほめてくれました。

が、人生そんな甘くないというか、悩みは尽きないわけです。

僕は将来がすごい、すごい不安でした。

まず周りの人と話が合わないんですよ。

  • あの映画見た??←タイトル知ってるだけ
  • お前好きな子いるの??←どうせ叶わない
  • Twitterやってる??←他人に興味ない

うーん、根暗ですね。。。

今でも鮮明に覚えているのですが、僕は大学のサークル勧誘(新歓)で衝撃を受けました。

ふんどしをつけて踊る、界隈では有名なクレイジーよさこいサークルがあります。そこに友達に連れられて体験に行ったのですが、そこは僕にとって生き地獄でした。

「大学生は人生の夏休みじゃぁぁぁ!!!」と叫ぶ先輩。
「うおおおおお!」と踊る新入生。

僕は泣きたくなりました。ついていけねぇ。端っこに移動するも人の波に押しつぶされそうになります。こんな経験がしたくて勉強したんじゃないのに。

そのサークルの活動は素晴らしいですし、実際メンバーは魅力的な人が多いです。ただ僕とは人種が違いましたね。帰りの道で実際に泣きました。「俺、大学生ムリだわ」

その後、結局バドミントンサークルにがんばって入ってたのですが、トイレで飲み会の時間潰すという現実があったわけですね。

やっぱ話ができないので「将来これが続くと会社で孤立するよな???」と思うようになりました。

しかも、周りの同級生はスゴイやつばっかりに見えるんです。

困ったもんだと。

「就活できるのかな」
「クビになったらどうしよう」
「一生独身なんじゃないか」

今思えば、なんてことはない悩みですけどね。笑
ただ当時は深刻でした。

気の合う友人もいて、麻雀とかはやりましたが、いわゆるオタク仲間みたいなもんで傷の舐め合いでしたね。

日本からの逃亡。アメリカ留学

大学2年が終わったころ。

僕は思い切って学校を休学し、アメリカに留学することにしました。

理由は以下の通り。

  • このまま就職できる気がしない
  • まだ働きたくない
  • 人生をこの辺で変えたい

よくある甘い、あまーい大学生ですね。笑

ただ間違いなくこの決断が僕の人生の分岐点でした。

そうじゃなかったら今頃、良くて転職先を探す生活、悪くて実家で引きこもりだったと思います。

ということで今回はここまで。

第2話は休学〜大学中退までの話です。
次回の予告をすると…

  • カリフォルニア農家でメキシコ人70人に囲まれどうやって生き延びたか?
  • 東京ベンチャー企業で東大卒N村証券のバリキャリウーマンに詰められる
  • 不安がぶり返す!スーパーと自室の往復、酒浸りの4ヶ月

などなどです。人生で一番クレイジーな2年間だったので、ぜひどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です