営業マン必見の無料セミナーはこちら

【第3話】営業デビュー!契約が取れない不安から脱出した言葉とは?

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0009_original.jpg
ショウ

こんにちは!ショウ(プロフィール)です。

第3回では挫折、そして「自分にも営業ができそうだ!」と感じたきっかけをお話しします。あなたの営業のヒントになれば嬉しいです!

【第1話】体力テストEから始まった運動できない×コミュ障的子ども時代
【第2話】将来不安すぎて大学2年休学&留学。カリフォルニア農家⇨東京ベンチャーでの日々
【第3話】営業デビュー!契約が取れない不安から脱出した言葉とは?<今ココ!>
【第4話】営業始めて半年で売上0から月700万まで成績が上がった理由とは?
【最終話】営業で広がった人生の選択肢と、今後の目標

前回のあらすじ

将来が不安になり、大学を休学して2年間留学やインターンに取り組むも結局挫折。大学を中退することになったショウの次の進路は?

とりあえずバイトをするはずが…?

よし、とりあえず家庭教師をやりながら将来を考えよう。

求人サイトに登録したら、すぐ電話がきます。

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/denwa_business_man-e1570403293189.png

 

担当者

 

家庭は紹介できないけど、別の仕事ならあるよ?詳しい説明もするし、とりあえず面接来ます?

「別の仕事」ってどういうこと?と思いましたが、申し込んだのはこちらなので、言われるがままに面接会場へ。

事務所につくなり、髪の毛ツンツンの金髪マネージャーが現れました。

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/furyo_shounen-e1570403928100.png

 

マネージャー

 

おう、来てくれてありがとう!よろしくね!

でもごめんね、今すぐには紹介先がなくってさ。でも電話での印象が良かったからさ、別の仕事ならどうかなって思ってね。

なんだかマネージャーは機嫌が良さそうです。

というか、家庭教師の会社って髪型自由なんだ…。驚きつつも返事をします。

「は、はい。」

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/furyo_shounen-e1570403928100.png

 

マネージャー

 

実は今、「お試し授業」の体験スタッフ足りなくて

まだお客さんじゃない家庭に行って、申し込んでもらう仕事なのね。

毎日違う家庭に行くんだけどさ、要は歩合制の営業なんだわ

「え、営業ですか?」
(いやいや、自分は家庭教師の申し込みをしたんだけど…。)

なんの仕事かなと思ってたら営業でした。

事務とかかな?と思ってたのでびっくりです。

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/furyo_shounen-e1570403928100.png

 

マネージャー

 

そうそう!家庭教師と一緒に、うちが使ってるテキストの販売するって感じ。

テキトーな人には頼めないし、こうやって声かけてるわけ。

普通の家庭教師よりも時給いいよ!俺らもサポートするから、どうかな?

省略しますが、営業の魅力をこの後色々聞かされました。(そう、営業マンに営業をされているとも知らず…笑)

結論から言うと、僕はこの話に乗り、営業を始めることにしました。

バイトのはずだったけど、営業ならこれまでの自分を変えられるかもしれない。学歴も関係なさそうだ…!

そうして家庭教師のバイトをするはずが、僕は営業を始めることになったのです。縁って面白いですよね。

土俵にすら上がれない自分

しかし、営業の世界の洗礼を僕は浴びることとなります。

なんとかマニュアルを覚えて営業には行くのですが、子どもの心も掴めないし、親には信頼をもらえていない状況でした。

今でも忘れないデビューから数件目の女の子がいます。

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/family_hankouki_haha_musume-1.png

 

怒れる子

 

え、ねえ、お母さん!なんで家庭教師なんて呼んだの!?

私聞いてないけど??ゼッタイヤダ!早く帰ってもらってよ!

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/0803b771ebd39d1a378d456c90de5f6c.png

 

困る母

すみません、うちの子こんなんなんです…。あのー、こんな子でもなんとかなりますか?

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0019_original-e1569930369606.jpg

 

ショウ

は、はあ…(な、なんだこれは)

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/family_hankouki_haha_musume-1.png

 

怒りつづける子

ちょっと、おかぁさん!!もうほんとイヤだから!(机の下にかくれる)

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/0803b771ebd39d1a378d456c90de5f6c.png

 

困る母

ああ、ちょ、ちょっと!しっかりしなさいよ!お母さん困るじゃない!ほんとすみません。。。ほら、ちょっと起きなさい!

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0019_original-e1569930369606.jpg

 

ショウ

だ、だいじょうぶですよ…(これはどうしようもない)

こんなやりとりが15分くらい続きました。

そして結局、

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/0803b771ebd39d1a378d456c90de5f6c.png

 

すみません、また娘とはよく話をしておきますので、お帰りいただけますか?

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0019_original-e1569930369606.jpg

 

ショー

分かりました…(俺は今日何しに来たんだ…)

結局、僕はテキストの紹介どころか子どもともまったく話ができませんでした。

ただ、家に1時間半かけて移動して、15分ちょっと子どもに駄々をこねられただけだったんです。

何もできず、僕は帰路につきました。

契約が取れない、不安だらけなダメ営業マンの自分

「何のために今日俺は練習してきたんだ?」
「子どもに話をしてから呼ぶのが礼儀だろ…?」
「いったいどうしろって言うんだ…」

みじめな帰り道では、こども、親、上司、そして何より自分に怒りがわいてきます。

そして先輩はいとも簡単に「契約決めてきました!」と会社に報告しています。

どうやったら契約なんて取れるのか???

デビュー直後はマニュアルをこなすので精一杯でした。

しかし、それが終わってから、自分が契約を取れるビジョンが全くなかったんですね。

また大学をやめる時と同じ不安が僕を襲います。

もうできないんじゃないか?営業もダメなんじゃないか?

自分を責め続ける日々でした。今思うとなかなか成長しない自分がもどかしいですね。

ストレスからスマホを地面に叩きつけた日もありました。自分への戒めとして、写真にとってあります。

フィルムの下まで一発でバキバキになった2万円のスマホ

ダメだった時のエピソードは本当にたくさんあって、ここで紹介するとキリがないですね。笑

その反省から色々な記事を書いているので、ダメダメ時代の僕に興味のある方はのぞいてみてください。

ダメ営業マンの転機とは???

今思い返すと、当時の僕は「間違った思い込みによる自信のなさ、心の余裕のなさ」が問題でした。

「これ以上できることがない」という思い込みから、「何をやったらいいか分からない」となってしまい、結果が出ない。

そして「自分はやっぱりだめだ…」
という負のループにはまってしまったのです。

そんな僕の思い込みをなくしてくれたのは、同じ職場の先輩でした。

先輩の言葉

先輩と言っても僕の1つ年下なのですが、彼は営業を初めて3,4ヶ月で一気に成績を伸ばし、マネージャーに昇格したスゴ腕営業マンでした。今でも尊敬しています。

僕はその先輩に話を聞いてもらい、そして色々とアドバイスをもらったんですね。

最初に、僕は「不安がいつもつきまとう」ということを話しました。
先輩の答えはこうでした。

いいか、世の中には2つの問題がある。
1つは、自分が解決できる問題。それはただやるだけだ。
あともう1つは、自分が解決できない問題
これは、今心配しても何も結果は変わらないんだ。
だから、お前が不安になることなんて1つもないんだよ。

A先輩

「目から鱗」って、こう言うことを言うんですね。

僕は不安がかなり減った気がしました。
続けて、先輩はこう言います。

成功する人としない人の違いって分かる?

成功する1%人は、失敗したらすぐ次の行動をする。

じゃあ99%は?「ああ失敗しちゃった」って悩んで何もしないんだ。

A先輩

「行動」「結果の分析」「行動」…
とにかく行動だ、それが成功への近道だと言います。

しかし、落ち込んでいた僕はうっかり愚痴をこぼしてしまいました。

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0019_original-e1569930369606.jpg

 

ショー

 

でも僕は先輩みたいなトークもできないし、メンタルも強くないです。営業向いてないのかな、って思っちゃうんですよ…。

今からすると、「なんて情けない」と思います。

ただ、当時の僕はそれくらい悩んでいたんですね。

煮え切らない僕に先輩が一喝してくれました。

あのな、俺も最初はトークもまともにできなかったよ?

営業ってのはただやるだけ。
勉強して、練習して、ハイできた。って。

でも今のお前と違うのは、俺はただ行動してるってこと

俺でもやってたことを、俺よりも成績の悪いお前がやらない理由ってあるの?ないと思うけどな。まず、やれよ。

A先輩

ハンマーで殴られたような、とよく言いますよね。

まさしくそんな感じでショックを受けました。

でも、やっと目が覚めたんです。

営業の勉強をしよう

僕は前を向くことができました。
「営業の勉強を本気でしよう」と。

そこから僕は受験勉強を思い出しながら、精一杯努力しました。

営業一本に絞って学習をくり返したので、半年で3500時間はやったと思います

友達とは遊びに行かず、お酒を辞め、夜遅くまで練習や読書・研修に励みました。女の子にも目をくれず、子どものお母さんの心を掴むことだけを考えました。笑

営業系の本から始まり、ビジネス書、動画、セミナー映像、学習塾のテキスト、他社のテキスト、学習方法、お受験の対策本…

とにかくがむしゃらでしたね。

学んだことはすぐに実践し、ダメな所を1つ1つつぶして…。

その中で失敗もかなりしました。

「断られない心理テクニック」とか「NOと言わせないトーク術」みたいなものは全く効果なく、嫌われて帰ってきたこともありますね。笑

「もういいです」と何度言われたことか…。

正直芽が出るまで時間がかかりました。

ですが、僕に迷いはもうなかったんです

「やればやったぶんだけ実力になっている」「今は種まきだ」と僕は心の底から信じることができたからですね。

次回は営業のコツをつかみだした話をします。営業の本質は〇〇だと思っているのですが、そんな話をしようと思います。

【第4話】営業始めて半年で売上0から月700万まで成績が上がった理由とは?

あとがき

僕が営業を始めたのは実は「ちょうど良いタイミングで誘われたから」でした。

学生の頃には「絶対営業だけはイヤだ」と言っていたのに、人生わからないものですね。

今思うのは「やってムダなことなどない」ということ。

アメリカでメンタルを鍛えたので、大学生の頃の自分だったらまず無理だったろう営業に僕は飛び込むことができました。

そして、インターンでなんとか電話を取れるようになっていたのもよかったです。

僕は家庭教師の会社で「クレーム対応がすごくよかった」「電話を取るのがとても速い」など評価してもらえたんですね。そのおかげで色々と丁寧に教えてもらえたと思っています。

なので①まずはやること。ただ、第2話でもお伝えしたように、②事前につまづきポイントが分かっているなら、それは回避すること。

この2つだけで一気に他の人と差をつけられると思います。

それを意識した記事で人気なのは営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】などですね。

第4話では結局、どうやったら営業がうまく行ったのか?と言う具体的な話を中心にお届けします。ぜひ読んでみてください。

【第4話】営業始めて半年で売上0から月700万まで成績が上がった理由とは?

【第1話】体力テストEから始まった運動できない×コミュ障的子ども時代
【第2話】将来不安すぎて大学2年休学&留学。カリフォルニア農家⇨東京ベンチャーでの日々
【第3話】営業デビュー!契約が取れない不安から脱出した言葉とは?
【第4話】営業始めて半年で売上0から月700万まで成績が上がった理由とは?<次はココ!>
【最終話】営業で広がった人生の選択肢と、今後の目標

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です