営業マン必見の無料動画はここから

営業に学歴は不要!仕事で逆転するために必須の3つのコトとは?

Pocket

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/09/0009_original.jpg
ショウ

こんにちは!

営業の思考法×ブログ発信のショウ(プロフィール)です!

「営業って学歴は関係ないの?」「学歴コンプレックスだから営業で逆転したい」

そんな方向けです。

「営業に学歴は関係ない」とあなたは聞いたことがありますか?

営業職は、有名企業の総合職などと違い、高卒・大学中退の人や有名大卒でない人も活躍がしやすい職業です。

僕自身も、大学を中退して営業を始めました。

熱意を認めてもらい、多くのチャンスをもらえたので、0から月700万円まで売上をのばすことができています。

大学を辞めた時は本当にツラかったのですが、僕は営業のおかげで自信を取り戻すことができました。

そこで、今回の記事では「学歴に関係なく結果を上げるために必須のコト」をご紹介します!

ぜひ参考にしてくださいね。

営業で学歴に関係なく結果を出すために必須の3つのこととは?

学歴に関わらず活躍するには、以下の3つが必要です。

  • 行動を止めないこと
  • 上手く学びつづけること
  • マネを嫌がらないこと

1つずつ解説していきますね。

学歴に関係なく重要なこと①:行動を止めない

営業で活躍している人に必ず共通しているもの、それは「行動量」です。

行動の量が多ければ多いほど、あなたは多くの結果を手にしますよね。

良い結果なら、どんどん続ければOK。

悪い結果でも、新しい改善点を発見できるのです。

できる人は失敗しない、と思うかもしれませんが、それは誤解なんですね。

下の図を見て下さい。

売れる営業マンは、とにかく「行動量」が多く、成功も失敗も多いのです。

トークを変えてみたり、服装を変えたり、会話のネタのために外出したり…。

なので、結果も出るし、毎日改善して精度をあげることが可能なんですね。

一方で、結果を出せない人はどうか?

彼・彼女らは常に「悩んでばかり」いて、行動しません。

  • 「うまく行かなかったらどうしよう…」
  • 「怒られたらイヤだな…」
  • 「面倒くさい…」

僕も昔はそうでした。

すると、出るはずだった結果も出ませんし、改善点も見つかりません。

どんどんとライバルに差をつけられてしまうのです。

なので、まずは行動するクセをつけてください。

参考:行動力を高めるヒントは営業に行き詰まる人が圧倒的に不足している「行動力」3つの高め方で紹介しています。

営業の行き詰まりは「行動力」で突破する【行動量を増やす3つのコツ】

学歴に関係なく重要なこと②:”上手く”学びつづける

次に重要なのが、「上手く学びつづけること」です。

そもそも、多くの社会人は「勉強」しません。

例えば、勉強として代表的な読書。

文化庁が「読書量」について、2019年に調査をした結果は以下のとおりです。

読まない: 47.3%
1-2冊: 37.6%
3-4冊: 8.6%
5-6冊: 3.2%
7冊以上: 3.2%

つまり、あなたが本を手にした瞬間、ほぼ半分の人を抜き去ることができます。

週に1冊読んだら、上位15%入りなんですね。

なのでまず、「学ぶ意識」を持つだけで差をつけることができます。

僕の尊敬している、昔お世話になった営業部長も本当に勉強熱心でした。

部長は野菜卸の担当だったのですが、常に主婦用の雑誌を持ち歩いているんですね。

料理のトレンドや主婦の購買心理を学び、スーパーや百貨店のバイヤーに情報提供しつつセールの提案をしていたのです。

様々な所から勉強する重要性も、部長から学ぶことができました。

*オススメの本のポイント解説はこちら:営業の自己啓発は『7つの習慣』で9割終わる。ポイント徹底解説【最強におすすめ】

そして、その15%から頭1つ抜けるには「上手に」学ぶことです。

僕が昔、インターンでお世話になったベンチャー企業の社長さんもそうでした。

社長さんは、専門外のセミナーにゲストとして呼ばれても「これから勉強して、うまいことしゃべるわ!」と笑っていました。

なんでそんな余裕があるのだろう?

と話を聞いていると、

  • 自分には何が求められているか?
  • どうすれば効率よく知識を手に入れられるか?
  • 誰に聞くと良いか?
  • どの場面で伝えると効果的か?

などを考えて、学んでいることが分かりました。

無計画な勉強とは大違いですよね。

ぜひあなたも上記を意識して学んでみてください。

そのために必要な思考力については、できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】でご紹介しています。

できる営業マンの「ビジネスマインド」とは?シンプルな身につけ方を解説!【結果が出せる】

また「営業でどのような勉強をしたらいいか?」については営業の勉強方法とは?周りと差がつく学ぶべきジャンル・コツを徹底解説【保存版】でも解説していますので、参考にしてください。

営業の勉強方法とは?周りと差がつく学ぶべきジャンル・コツを徹底解説【保存版】

学歴に関係なく重要なこと③:マネを嫌がらない

最後はとにかく「マネ」をすることです。

人の成長を1番妨げるのは、「プライド」だと僕は考えています。

というのも、経験上「マネするなんて、カッコ悪い」と言う人ほど、効率が悪く、結果が出ていないからです。

会社のK先輩も、最初はマニュアルを無視した営業で、全く結果が出ていなかったのです。

本人に聞いたのですが、「俺は自分の言葉で話したい」というプライドが、邪魔をしていたとか。

しかし、上司と話をした結果、K先輩は考え方を変えました。

まずマニュアルで基本を学ぶことにしたそうです。

そこから、K先輩の売上は右肩上がり。

「本当に遠回りしたけど、まあしょーがないわ!」

とK先輩は言っていたのが印象的でした。

なので、あなたも「マネ」を嫌がらず、人やモノから学べるようになってくださいね。

僕がオススメしている営業で結果を出す方法は営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】で紹介しています。

ぜひマネできる所がないか、探してみて下さい。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

まとめ:営業で求められるのは学歴ではなく結果

結局、営業に求められるのは「学歴」ではなく「結果(=売上)」です。

売上を上げることができれば認められますし、売れなければ東大卒でも営業失格です。

今回はそのために必要な3つのことをご紹介しました。

  • 行動を止めないこと
  • 上手く学びつづけること
  • マネを嫌がらないこと

常に上記を心がけて行動すれば、かならず道はひらけます。

1つ1つ、確実に歩みを進めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です