営業マン必見の無料動画はここから

『神トーーク』が営業トークに神レベルで役に立つので紹介する【書評】

Pocket

「『神トーーク』ってどんな本なの?買う前におすすめかどうか知りたい」
「話し方を改善するコツが知りたいけど、何をすればいいかわからない」
「営業トークをより良くしたい。ヒントはないかなあ」

そんな方向けです。

営業において、「伝え方」「話し方」はとても大切な要素です。

ところで、あなたの周りにも、次のような人はいませんか?

  • 「あの人のアドバイスならやろうかな」と思える人
  • なぜか相談すると元気が出る人
  • 話す気はなかったけど、ポロっと話をしてしまう人

上記のような、「話しやすい」「信頼できる」人になれたら、営業がうまくいきますよね。

そんな人たちに共通の「トークスキル・考え方」があるとしたら、どうでしょうか。

身につけるだけで、あなたの営業や仕事は格段に成績が上がるような気がしませんか?

この記事では、そんな「相談したくなる・頼りたくなる人」に近づく方法として、『神トーーク』という本のポイントを3つご紹介します。

読みやすく実践的で、本を読む習慣がない人にもおすすめできる1冊です。

僕も実際に取り入れた部分などをご紹介していきますよ。

では早速みていきましょう!

『神トーーク』ってどんな本?

『神トーーク』は、起業コンサルタントの星渉さんによる、「話し方」の心構えや実践例が書かれた1冊です。

コンサル業務では、相手の問題点を発見するだけでなく、実際に行動をしてもらわないといけませんよね。

なので、「問題点を伝える→行動させる」という営業に必須のポイントを学べます。

ところで余談ですが、『神トーーク』というと…

https://salesho.com/wp-content/uploads/2019/10/Untitled-design-77.png
ショウ

いや、「ア◯トーーク」のパクリやん!

と、雨上がりな芸人たちを想像した方もいると思います。

僕もそうでした。笑

ただ、読んでみると「案外、神やん…!」と感じるような素晴らしいポイントがあったので、紹介していきますね。

『神トーーク』の3つのポイント

おすすめポイントは以下のとおり。

  1. 「基本」が分かりやすく、徹底されている
  2. 営業にそのまま生かせる場面設定
  3. 実践のアドバイスつき

1つずつ解説します。

①:「基本」が分かりやすく、徹底されている

1番のポイントは、「基本が分かりやすく、徹底されている」ことです。

話し方の本は、大学時代から僕も色々と読んできました。

そういう本って、ほとんどが辞書みたいな感じなんですよ。

例えば以下のとおり。

  • 初対面のときは〇〇
  • イラッときたら☆☆
  • 困ったら✕✕

つまり、バラバラになっていると、その時は使えますが、他の場面であまり応用がきかないのです。

なので、全ての場面の暗記をしないと、役に立たないのです…。

でも全部暗記はちょっとムリです。

なので、「基本」をしっかり学ぶことが大切です。

早く走れたらどんなスポーツでも有利、みたいな感じですね。

では、その『神トーーク』で大切にされている基本とは何か?

それは以下のとおり。

キーワードは、「安心感」と「自己重要感」。

『神トーーク』

本文をまとめると…

  • 安心感…この人に話をしても大丈夫、反対・否定されないという感情
  • 自己重要感…自分のやっていることは大事なことだ・自分には価値があるという感情

ということです。

たしかに、すぐに否定してくる上司には相談したくないですね。

「この人なら、良いアドバイスをくれるに違いない」(=安心できる)から、人は相談ができるのです。

また、「なんでそんなムダなことやってるの」と言われたら、ちょっと傷つきますよね。

それは、自分の「自己重要感」が失われるから傷つく、というわけです。

この基本、シンプルで分かりやすいですよね。

「ホッとする」「自分に自信が持てる」と言いかえてもいいかもしれません。

そして、どうやったら相手の「安心感」と「自己重要感」が満たせるか?

を考えれば、自然と会話はうまくいくのです。

この基本がどの場面でも大切にされているのが、『神トーーク』の1つ目のポイントですね。

ちなみに、この本から得たヒントは営業のコミュニケーションを5STEPで改善!未経験から月間700万円を売るまでの方法を全公開!にも生かされています。

基本をどう身につけるか?

どう生かすか?

という視点をより実践的に書いているので、参考にしてみてください。

営業のコミュニケーション5STEP!未経験から月間700万円売るまでやったことを全て公開!【保存版です】

②:営業にそのまま生かせる場面設定

2つ目のオススメポイントは、事例が「営業にどストライク」の場面ばかり、ということ。

言いかえると、営業にそのまま生かせるということです。

『神トーーク』で解説されている場面をいくつか紹介しておきますね。

  • アドバイスをして、行動してもらいたいとき
  • 質問に困ったとき
  • ミスを指摘するとき
  • 相手が悩んでいるとき
  • どんな相手にも対応したいとき

この全てが、営業に応用できます。

「営業の本」として打ってもいいくらいだと思えるくらいですね。

せっかくなので、その中の1つをご紹介します。

例えば、「人にアドバイスをする」とき。

この方法は、お客さんの勘違いをスマートに修正したり、行動を促すのに効果的です。

文中では、以下のように紹介されています。

人にアドバイスをする際の「とっておきのパターン」をご紹介しましょう。

それは、「褒める」→「アドバイス」→「褒める」という黄金リレー。

『神トーーク』

「最後にもう一度褒める」ことで、相手の自己重要感を満たしてあげると、次の行動に対して相手も前向きに取り組んでくれるのです。

『神トーーク』

相手の自己重要感を満たす方法は、「ほめる」ことなのですね。

それをくり返し、間にアドバイスを挟むのがいい、と筆者は言っています。

これには、

https://salesho.com/wp-content/uploads/2020/01/lF2UZcHg_400x400.jpg
ショウ

おお、たしかに!

と思いました。

最初褒めるのは意識できていたのですが、最後に「よい印象を残すこと」も非常に大切なんですね。

具体的にトークを考えてみました。

例:伝えたいことズレた時は?

営業「そこに気づかれるとは、さすが〇〇さんです!(=ほめる)

営業「ちなみに、◇◇も加えるとどうでしょうか?(アドバイス)」

お客さん「たしかに、良いかもね」

営業「そうなんです。」

営業「なかなか先ほどの点まで気づかれるお客さまも少ないですよ。(またほめる)」

お客さん「まあ、そんなもんかな」

営業「〇〇さんなら効果的にお使いいただけると思います」

どうでしょうか。

これなら、お客さんの話が少しずれても、バッチリ修正できそうですね。

実際僕も先ほどの文を読んでから、例のようにあらゆる場面で2度ほめることを意識しています。

中々反応がいいですよ。

*ちなみに、まず「褒める」というのは誰にも通じる対応で、例えば会社の上司にも活用できます。

売れる営業マンが上司とうまくやるために実践している5つのコツとは?【上司攻略術】ではその具体的な方法などをお伝えしています。

社外に対する営業もそうだけど、社内での関係もよくしたい…

そんな方は以下の記事をどうぞ。

売れる営業マンが上司とうまくやるために実践している5つのコツとは?【上司攻略術】

③:実行のアドバイスつき

最後のポイントは「実行のアドバイス」。

結局なんでも、実行しないと意味がありませんよね。

『神トーーク』では、それぞれの章の終わりに実行のヒントや、読み手に考えさせる工夫が盛り込んであります。

なので、「読んだけど、なんも変わらなかったなあ」という読書における最大の失敗が回避できますよ。

実際に僕も、以下の文を読み、ちょっと生活を変えてみました。

『今日から1日10回「好き」と言おう。集団に対して、相手の行動やモノに対してでもOK。とにかく10回「好き」という発言をしてみてください』

最初は恥ずかしかったのですが、やってみて僕も効果を実感しています。

こんなツイートもしてみました。

「好き」を共有できると、人とのキョリが一気に縮まりますね。

また、あいてのモノを褒める習慣がより強化されたので、初対面の人と話しやすくなったように感じます。

『神トーーク』はこんな人におすすめ!

実際に読んでみて、『神トーーク』は以下の人におすすめです。

  • 会話を0から見直したい人
  • 読書がニガテな営業職の方
  • 管理職/リーダーを目指す人
  • 仕事に「会話力」が必要な人

「話をする力をつけたい!」
「相手を惹きつける話ができるようになりたい!」

という方に特におすすめですね。

また、部下として「こんな上司がいたらなぁ…」と思うような会話例もじゃんじゃん出てきますので、リーダー職を目指す方も必見です。

Kindleならランチ1回分、紙の本でも夜ご飯を2回くらい自炊すれば買える値段です。

本はコスパがめちゃいいので、ビビッときた方はぜひ買ってみてください。

他のおすすめの本・勉強法

最後に、『神トーーク』以外で営業に生かせるおすすめの本・勉強法もご紹介します。

他の本を読みたい方は、まず僕のバイブル『7つの習慣』ですね。

この本は、コミュニケーションや行動など、全ての基本が学べると言っても過言ではありません。

「そんなに時間ないから、外れ本は読みたくないなあ。おすすめない?」

と言われたら、まず僕はこれを勧めます。

内容は営業の自己啓発は『7つの習慣』で9割終わる。ポイント徹底解説【最強におすすめ】でも紹介しているので、チェックしてみてください。

営業の自己啓発は『7つの習慣』で9割終わる。見るべきポイントを徹底解説【最強です】

ちなみに、ちょっと分厚いので、読書に慣れてない方は『神トーーク』の方がいいですね。

また、営業で結果を出すには「読書」が全てではありません。

僕の経験談ですが、挫折しないためには、順序立てて学習・行動することが何より大切なんですね。

その方法は営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】でお伝えしています。

せっかく本を読むなど努力しているのですから、結果が出るまでの道のりをイメージしつつ行動してみてください。

営業で最短最速で結果を出すための7つの方法とは?【要ブックマーク!!】

成長スピードが段違いに早いですよ。

今回は以上です。

また、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です